【指差しオーダー用】ローマに行ったら絶対食べたいイタリア料理とメニュー

イタリアといえば美食の国。地域ごとに特色のある料理やお菓子が存在し、毎日食べ歩きしても飽きないくらいのヴァリエーションの豊富さは感動的です。

その中から今回は、私の大好きなローマの名物とお勧めの料理ををいくつかご紹介します。日本で既に有名なものも、ぜひ一度、本場イタリアで味わってみて下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amatriciana (アマトリチャーナ)

Amatriciana (アマトリチャーナ)

ローマの代表的な料理で、トマトソースとグアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)の濃厚な味わいがクセになります。

お店によっては塩味がきつすぎることもありますが、ソースをちょっとパンにのせてみると、いいワインのつまみになります。気が付けば一皿完食していることでしょう。

ショートパスタで出すお店もありますが、多くは”Bucatini(ブカティーニ)”という太麺を使っていて、メニューには”Bucatini all’Amatriciana”と記されてます。

Carbonara(カルボナーラ)

Carbonara(カルボナーラ)

日本でもよく知られているカルボナーラはローマが発祥の地と言われています。

だからこそなのか、奥が深い・・・お店によって味が違うので、数軒試してみることをお勧めします。最初に食べたのがイマイチでがっかりしたとしても、2軒目で自分好みの味に出会えるかもしれません。

店名に”Carbonara”と付いてるレストランもありますが、ローマならたいていどこでも提供している一品です。微妙な味の違いを楽しんでみてください。

Carciofi alla Romana / Carciofi alla Giudia (アーティチョーク ローマ風/ユダヤ風)

Carciofi alla Romana / Carciofi alla Giudia (アーティチョーク ローマ風/ユダヤ風)

日本では馴染みのうすいアーティチョーク(Carciofi)ですが、イタリアではよく見かけます。

旬の時期には、レストランの店先にてんこ盛り飾られていることも。”ローマ風”とは、オリーブオイル(白ワインを加えることもあるらしいです)で蒸し煮したもので、”ユダヤ風”とは、から揚げにしたもののことです。調理方法の違いで、alla 〇〇(〇〇風)と名前が変わります。

Fritto(揚げ物)

Fritto(揚げ物

鶏やタコのから揚げ、てんぷら等、日本でも揚げ物の種類は豊富ですが、イタリアで試して頂きたいのは、”Fiori di Zucca(フィオリディズッカ)”と”Olive all’Ascolana(オリーヴェアッラスコラーナ)”です。

それぞれ、ズッキーニの花もしくはオリーブの実に詰め物をして揚げています。レストランで前菜として食べることもできますし、宅配ピザの付け合わせで注文することもできます。

他に、Suppli(スップリ) という、中にチーズの入ったライスコロッケは、ちょっとだけお腹すいたな…という時にお勧めです。

Bar(バール)や切り売りピザのお店で売っています。同じライスコロッケでも、シチリアの方ではarancini(アランチーニ)と呼ばれています。ローマの人に聞くと「Suppliの方が美味しい」と言うのですが…私はどちらも美味しいと思います!

ちなみに”おいしい”は「Buono」(ブォーノ)と言います。この単語も覚えておくと便利です。

執筆者:ZUKO(ペンネーム)

プロフィール:ふとしたきっかけで訪れたイタリアの魅力に憑りつかれて十数年。
独学でイタリア語学習をはじめ、ローマで短期語学留学するに至りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク