スポンサーリンク

英語の次はフランス語かスペイン語?ポッドキャストで学ぶ

英語がちょっとできるようになると、他の言葉を勉強したくなる私は浮気性でしょうか? 英語で少しコミュニケーションができてくると、語学ってやみつきになったりします。それが語学マニア(自称)になった所以ですが、さて、英語の次は何を勉強するか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




中国語、フランス語、スペイン語

5944407625_943cefca7d_b
photo credit: Evelyn’s Coffee Bar – Latte and Mocha via photopin (license)

私の場合はこの3つの言語をいきなり同時に始めてしまいました。よく複数の外語語を同時に勉強してると、混乱しないかと聞かれますが、確かに混乱します(笑)。特に紛らわしいのはフランス語とスペイン語。イタリア語やポルトガル語でも同じことが予想されます。要するにラテン語系の言葉ですね。

フランス語とスペイン語はラテン語系

3484477206_9e7c334fc6_o
photo credit: Blue Front Cafe – Bentonia, Mississippi via photopin (license)

フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語はラテン語系に分類されるので、何となく、文法が似通っていたりします。特にスペイン語とポルトガル語は語彙や発音もかなり似てきますね。

なので、これらのどれかを母国語とする人は他のラテン語系言語を習得するのも早いです。ラテン語系のどの言語にしても、英語をある程度マスターした人にとっては挑戦しやすい言語だと思います。

英語ベースの語学ツールは膨大にある

4699180939_affc2d07f2_b
photo credit: Glowing keyboard!! via photopin (license)

うれしいのは英語を一つマスターすると、英語をベースに解説してくれる他言語レッスンで学べるということです。

英語で解説されているフランス語やスペイン語のテキスト、オンラインレッスン、スマホアプリ、ポッドキャストなどは山のようにあります。しかもクオリティが高く、安い、もしく無料! これが日本語ベースだとかなり限られてきます。

さらに良いのは英語を勉強しながら、次の言語が学べるということです(英語が分からない個所にでくわすと厳しいですが)。

英語ベースに学ぶフランス語とスペイン語

7331850000_017999ba14_b
photo credit: Taking a break via photopin (license)

Coffee Break French – Radio Lingua Network
Coffee Break Spanish – Radio Lingua Network

英語ベースで学べるフランス語とスペイン語のポッドキャストレッスンをご紹介します。講師はスコットランド出身のマークという人で、フランス語とスペイン語の教師をしています。学生たちの勉強のツールとして、このポッドキャストのレッスンを立ち上げたと言っていました。

タイトルどおり、コーヒーブレイクに聞きながら語学をマスターしようというのがコンセプトになっていますので、ラジオプログラムとしても聞きやすいです。

さすがに本職の語学教師なので、レッスンの進め方もうまく、レッスン構成もとても素晴らしいです。退屈しなようにいろいろ工夫されています。1から順に勉強していけば、かなり実用的な語学が学べます。

文法の知識は前もって自分で勉強

60896462_f818a501d6
photo credit: IMG_3017 via photopin (license)

ただし、基本的な文法の知識は、あらかじめ勉強しておいた方が良いでしょう。文法もすべて英語での解説なので、自分の文法知識の復習という意味で聞く方がやさしいです。特にスピーキングを目的としてプログラムが組み立てられているのが良いところです。

ポッドキャストを聞くだけなら無料です。スマホにダウンロードすれば、どこでも繰り返し聞けます。さらに突っ込んだレッスン教材と詳しい解説が欲しい人はレッスンを受講することもできます(有料)。

このCoffee Break シリーズには他にドイツ語やイタリア語などいろいろあります。講師は他の人になります。

英語に少し自信が付いたら、ポッドキャストで、第3、第4の外国語をスタートしてみましょう。

Facebookでシェア!
この記事をお届けした
語学マニア.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク