日本語教師の実態、お給料と待遇ってどうなの?

年々少子化のせいもあり、大学側も対応策として海外からの留学生を迎え入れることに力を入れるようになりました。また、二か国語が話せ、行動力のある外国人留学生がほしい多国籍企業も増えるばかりです。大学での受け皿があり、就職先も見込めることもあり、日本での留学生の数は年々増え続けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語教師の需要は拡大

現地でのサバイバル経験が英語スキルの上達に

外国人留学生の増加に伴って、日本語教師の対する需要も増えてきました。現在不足されている看護師や介護士と同じくらい日本語教師も不足しています。

現状、日本語学校での採用試験を受けて、即採用ということも珍しくありません。筆者も1校目で採用が決まりました。間違いなく売り手市場ではあります。

しかし、実際の待遇はどうなのでしょうか。

日本語教師の待遇

日本語教師の待遇

私や私の知っている日本語教師の経験からすると、少なくとも最初の数年は大変厳しいというしかありません。

最初に雇用形態の話をします。まず未経験者をフルタイムで雇用するということはありません。最初はパートタイムで働くことになります。

主婦の方でお金がさほどいらない方なら良いですが、そうでない方は他の仕事と掛け持ちという形を取らないといけません。基本日本語学校の先生は他の日本語学校で働いても問題ありません。

フルタイムで働けるようになるのは、個人の運や努力次第の所もありますが、大体2~3年位はかかると思ってくれれば良いと思います。

日本教師の給与

日本語教師の給料

次に給与面の話になります。パートタイムなので時給制です。東京都であれば時給1700円位が相場かもしれません。しかし、東京都内にある日本語学校でも差があります。

大手の学校であれば、たとえ未経験でも時給1800円や1900円というところもあります。新しい職場を探す際に、ほかの観点もありますが、時給は大事な要素です。時給が100円違うと、月の給与に結構影響します。

また、気を付けてほしいのは、その時給は授業時間の合間にある休憩時間が勤務時間に含まれるかどうかというところです。

給与の計算方法は前もって確認を

日本語教師は時給計算

例えば、授業時間45分で休憩時間15分だとします。時給が2000円で休憩時間が勤務時間に含まれない場合、実際に受け取れる金額は1500円になります。これだとたとえ時給1700円でも休憩時間が勤務時間に含まれる方が実際に受け取れる金額は1700円なので後者の方が得と言えます。

給与に関してのことは前もって聞いておいた方がいいです。

最後に、サービス残業は発生するということを言わざるを得ません。宿題やテストも丸付け、その提出状況や点数の記載、次の先生への引継ぎなどやらないといけないことは結構あります。

それで2時間、ひどい場合は3時間費やす場合があります。なので、結局実質時給が「コンビニで働くのと変わらない位」になることも稀なことではありません。

日本語教師としてのステップアップ

日本語教師は不足しています

このように、日本語教師の実態というのは、少なくとも最初の段階ではあまりよろしいものではありません。

しかし、この最初に期間を超えるとそれなりに待遇もよくなりまし、立ち回り方で自身の待遇を上げることは可能です。

例えば、ベテランの先生は希少なので日本語学校でそれ相応の給与で迎えてくれる所もあるかもしれません。経験を積んで、日本語教師養成講座の先生になると給与は結構高くなるそうです。

日本語教育業界でビジネスチャンスも

日本語教育業界で起業?

また、日本語学校業界は旧態依然としているので、そこで新たなビジネスを立ち上げることも可能かもしれません。

日本語教師になってすぐは待遇の悪さという大きな壁がありますが、そこを何とかすれば少なくとも人並みの、もしかしたら人並み以上の生活はできると思います。

NAFL日本語教師養成プログラム



執筆者:wakatonosama(ペンネーム)

プロフィール:個別指導英語講師を経て、現在英語圏の学習者に個別で日本語を教えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク