アラビア語の発音上達方法

アラビア語のややこしい発音 アラビア語

アラビア語には28の文字と発音がありますが、その発音は私たち日本人からすると、とても難しいですよね。

日本語や他の外国語にはあまり存在しない発音がいくつかあり、似たような発音があり紛らわしいからですね。文字は何回も書いて覚えてしまえば案外簡単ですが、発音練習はというと音が合っているのかどうか自分では分からず、習得が厳しいところがありますね。

アラビア語の発音上達方法について、まとめてみました。

[adchord]

スポンサーリンク

アラビア語のややこしい発音はコレ

アラビア語のややこしい発音

ではまずは、発音がややこしいものを見てみましょう。

音が似ているもの

タ(ت/ط)
サ(ص/س)
ハ(ح/خ/ه)
ダ(د/ض)
ザ(ز/ذ/ظ)
ラ(ر/ل)
カ(ك/ق)

例えば「タ」といっても2種類あり、日本語にもあるごく普通の「タ」と、日本語には無い、口の奥の方で発する「タ」があります。

その他の音も同様に、カタカナでは一緒な音で表されるものでも、日本語にある普通の音と、アラビア語独特の発声方法の音があります。

アラビア語独特の音は以下の文字です。それぞれ、口の奥の方や、喉を使って発声したりします。

日本語に無い音

タط
サص
ハخ
ダض
ザーظ
カーق
アーع
ガーغ

音が似ていても、言葉の意味が違ったりしてきますので、紛らわしい音をしっかり区別して覚えることが大切です。

アラビア語の発音を上達させる方法

アラビア語の発音を上達させる方法

では、実際にどのようにすれば、上手く聞き分けて発音出来るようになるのでしょうか。

1.よく聞き、真似する

日本にいるとアラビア語を聞くチャンスはほぼゼロですので、YouTube を活用しましょう。

子供向けのアラビア語番組は歌や絵などが沢山出てくるので分かりやすく、楽しく発音が身に着きそうです。

有名なセサミストリートはいかがでしょうか。「イフタヒヤーシムシム(開けゴマ)」となって、アラブ諸国でも子供向け教育番組として人気があります。

The Arabic Alphabet with Mayssa Karaa- الأحرف العربية مع ميسا قرعة

The Arabic Alphabet with Mayssa Karaa- الأحرف العربية مع ميسا قرعة

こちらYouTube番組では先生の口の動きを見ながら一つ一つの発音を丁寧に学べます。

オンラインで学ぶEcomアラビア語発音基礎:アルファベット

オンラインで学ぶEcomアラビア語発音基礎:アルファベット

また、NHKのテレビやラジオ番組では発音について毎回詳しい解説がありますので、発音を理解するのに役に立ちます。

2.自分の発音を聞いてもらう

そして、これも中々難しいのですが、YouTubeなどでよーくアラビア語を聞いたら、やっぱりアラビア語の先生やネイティブの人に聞いてもらうのが良いですね。

東京や大阪などにはアラビア語の学校もありますが、地方在住の方や通学時間が取れない、という方は、学校でやっているオンラインレッスンを受け発音を指導してもらうのも手ですね。

アラビア語の発音を上達させるため、インターネットを駆使してみてくださいね。

[adchord]