スポンサーリンク

英語の次に学ぶ外国語としてロシア語をおすすめする理由

高校生までは英語を、そして大学からロシア語を学んできた私ですが、やはり英語以外の語学力という武器を持てたことは、社会で仕事を得ていく上でも自分の世界を広める上でも自分にとって大きなプラスとなりました。ロシア語でなくても、中国語でもスペイン語でもフランス語でも、もちろん同じようにプラスにはなると思いますが、ここであえて”ロシア語”を、英語の次に学ぶ外国語としておすすめする理由を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




世界に2億9千万人!20カ国でロシア語が通じる

英語の次に学ぶ外国語としてロシア語をおすすめする理由

ロシア語は、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、沿ドニエストル共和国、アブハジア、南オセチアの8カ国で1.6億人の人々の間で公用語として使用されています。

また、アルメニア、アゼルバイジャン、エストニア、グルジア、イスラエル、ラトビア、リトアニア、モルドバ、タジキスタン、トルクメニスタン、ウクライナ、ウズベキスタンといった12の国々の1.3億人の間でも第2外国語または共通語として使用されています。さらに、

あの国連でも6つの公用語の一つとして使用されています。

もちろん英語や中国語のスピーカーの数には叶いませんが、それでもこんなに多くの人々の間で使われている言語なのです。しかも上記のような国々では英語はもちろん他の言語は全くと言っていいほど通じません。

ですので、例えばビジネスでこの国々に進出したくても、ロシア語を話せなければ何も始まらないのです。ビジネスに関しては次のところでお話ししますが、私の会社もロシア語圏へのビジネス進出を果たしていて、売り上げのおよそ半分がロシア向けだったりします。(今はウクライナ問題やルーブル下落でちょっと冷え込んでいますが・・泣)

ロシア語を話せる日本人はまだまだ少ないこともあり、職種を選り好みしなければ会社への就職には優位な言語かなと思います。

世界の中でのロシアの重要性

ロシア語は20カ国で話されている

ちょっと真面目な話にはなってしまいますが、ロシアはかつてソ連としてアメリカと冷戦を繰り広げてきた大国であり、今でも政治的・経済的にアメリカ・中国と並んで世界の外交において重要なコマを握っている存在です。

2000年以降はプーチンによって経済も順調に回復し、資源国として揺るぎない地位を確立しつつあります。それが故に常にアメリカと衝突し、今問題になっているウクライナでも戦闘が終わらず、イランの核開発やシリア問題にも色々と口を挟んできています。(ロシアだけじゃないですけどね。)良い意味でも悪いい意味でも世界はロシアを無視できない状況になっています。日本とロシアの間でも北方領土問題がいまだに解決していません。

ただ、そんなロシアだけに、やはりロシア語やロシアの歴史・政治・経済・文化を研究して、この厄介な大国とどう付き合っていくかを真剣に考える必要があると私は思っています。外国語を学ぶ時は、単に言語そのものだけでなく、その背景にあるものもしっかり学ぶ必要があります。そういう意味で私はこのロシアという国をおすすめします。

文化の宝箱ロシア

文化の宝庫、ロシア

さて、話をもっと明るい話題に移しましょう(笑)!

ロシアの文化といえば、ボリショイ・バレエ、チャイコフスキーのクラシック音楽といった古典的なものももちろんありますが、今ではスポーツや音楽の世界でもロシア人が大活躍しています。例えばフィギュアスケートや新体操、シンクロのオリンピックや世界大会では常にロシア勢が金メダルを独占していますし、テニスのマリア・シャラポアは”ロシアの妖精”とかつて大人気でした。

大人気だったといえば、”t.A.T.u.(タトゥー)”という少女ドュオが一時期テレビを賑わせていましたね。(気になって調べてみたら二人は2011年に解散し、現在はソロ活動中とのこと)今はティマティというラッパーさんが人気のようですね。2013年にはiTunesダンスチャート1位を獲得したそうです。

あとは、チェブラーシカというソ連時代からの国民的アニメが日本人の間で流行っていますね。実は私も大大大好きで、家はチェブラーシカで溢れかえっています(笑)

そんなかんだで、ロシアの文化は現在の日本にもじわじわと染み込みつつあるな〜と感じています。そんな時代にはやっぱりロシア語を勉強していくことをおすすめしますよ。

ミステリアスな雰囲気ロシア語

ミステリアスな言語、ロシア語

さて、ロシア語をおすすめする理由をいろいろと述べてきましたが、私がロシアに惹かれるのは”どこかミステリアスな雰囲気を残している”部分にもあるかもしれません。そんなロシアやロシア語を、今後もっともっと深く理解していきたいなと思っています。

オンラインの外国語学習サービス【italki】
ロシア語のスクールを探す

執筆者:Marikochkaペンネーム

自己紹介 :子供の頃から外国に興味があり、海外への短期・長期の留学を経て、今では英語とロシア語を使ってお仕事をしています。今も”海外”というワードには過剰反応してしまいます(笑)

Facebookでシェア!
この記事をお届けした
語学マニア.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク