【PR】50言語61か国に対応!通訳デバイスPOCKETALK(ポケトーク)
語学マニアの電子書籍発売中!

アマゾンキンドルから電子書籍を販売しています。お手持ちのデバイスにダウンロードして、気になるフレーズを持ち歩きたいという人に!

書籍紹介ページはコチラ

中国語

スポンサーリンク
中国語

中国語のスピーキング上達に必要な5つのこと

中国語を勉強する人にとって、難しいことの一つにスピーキングがあります。中国語を何年も学習した人でも、スピーキングが苦手だという人はたくさんいます。中国語のスピーキングを上達させるのはどうして難しいのか、早く上達させるにはどうすれば良いのか考...
中国語

中国語初心者が独学で学ぶ時におすすめの教材テキスト

中国語を始める際に、多くの人は独学で始めるようです。わたしも最初は独学で文法等を勉強しました。初心者が独学で中国語を勉強する際にオススメな教材やテキストをご紹介します。
中国語

広東語とはどんな言語?中国語の一方言、話し言葉としての広東語

実は以前にも、「広東語はどんな言語か」というテーマで記事を書きました。しかし、また最近よく、「広東語ってどんな言葉?」と聞かれるので、もう一度、分かりやすくまとめておきたいと思います。
スポンサーリンク
中国語

広東語は話し言葉って、一体どういう意味?

「広東語とはどんな言葉か」「広東語と北京語はどう違うのか」と聞かれると「広東語は話し言葉です」と答えます。でも、この答えにたいていの人は、納得してくれません。「話し言葉である」と言われてもピンと来ないようです。私も最初はそうでしたから、その...
中国語

妊娠すると「おめでとう」よりも「要不要?」~中国人の結婚

中国にいた時に受けた印象では、中国人は男性も女性も、早く結婚したがる風潮があるように思います。そもそも、結婚や恋愛に関しては、日本人の私たちに比べると、より深刻に受け止めたり、真面目に考えている人が多いように思います。 中国人にと...
中国語

中国・香港には相続税も贈与税もない!世界と日本の税金比較

日本からアジア諸国への移住が増えている原因の一つに税金対策が挙げられると思います。中国・香港を中心として世界の国々との日本の税金比較をしてみます。
中国語

中国語会話上達はリスニングから

中国語のリスニング、難しいですよね。日本人の中国語学習者は漢字が読める分、発音と聞き取りが難しいと感じます。 でも、中国語会話においてはリスニングと発音は避けては通れません。中国語リスニング上達のコツについて、紹介したいと思います。 ...
中国語

中国語の発音はまず四声から~16パターンで覚えよう

日本人の中国語学習者にとって、一番の難関が「中国語の発音」です。日本人の場合、漢字を書いたり読んだりするのは、中国語でも、そう難しいとは感じません。しかし、発音となると、一気にハードルが高くなります。
中国語

広東語おすすめ辞書比較

広東語は香港や中国南部、世界中の中華圏で話される言語です。その使用人口は8,000万人を超えるとも言われています。 日本も香港などはビジネスとして展開していく機会が多い場所にもかかわらず、広東語と日本語の辞書はなかなか良いものが出版さ...
中国語

広東語で「ありがとう」は何て言う?二つの「ありがとう」違いと使い分け

広東語には「ありがとう」という意味のフレーズがふたつあります。「多謝(ドーチェー)」と「唔該(ムゴーイ)」です。 広東語話者はこの二つの「ありがとう」をいつも使い分けているんです。しかし、広東語学習者にとっては、なかなか理解しずらいの...
中国語

映画から学ぶ中国語「天下无 贼」

日本語では「イノセントワールド」として、2004年に公開されました。監督・脚本は馮小剛、主演は、映画スター、劉徳華(アンディ・ラウ)と台湾の有名歌手、劉若英(レネ・リウ)のふたり。 冒頭では、小野リサさんがフランス語で歌った「La v...
中国語

中国語で「こんにちは」は「你好(ニーハオ)」ではない!本当の意味と正しい言い方

中国語を学ぶとき「你好」は「こんにちは」という基本のあいさつとして学びます。ところが、実際に中国に行くと現地の人が「ニーハオ」というシーンって、あまり見かけないんですよね。 日本人が街で「こんにちは」という頻度と、中国人が中国で「ニー...
中国語

香港のレストランには美男美女しかいない

中国のレストランでは、一般的にウエイトレスを呼ぶときに「小姐(シャオジエ)」と呼びます。これは、本来は「(若い)お姉さん」という意味ですが、そのウエイトレスが多少年配であってもこの呼び方で呼ばれます。 では男のウエイターの場合は何と呼...
中国語

中国語の勉強は独学で身につくか?

中国語を学んでいる日本人はたくさんいます。日本人にとって、同じ漢字を使う中国語は、何となく敷居が低く、始めやすく感じる人が多いようです。確かに、感じが読める日本人は、中国語学習者として、それだけで有利です。でも、中国語は独学でマスターできる...
スポンサーリンク