スポンサーリンク

広東語とはどんな言語か?

中国の広東省や香港では、広東語が話されています。広東語は中国の方言の一つです。中国語を学ぶ人の多くは、「普通話」と呼ばれる、いわゆる北京語を学びます。

この「普通話」は中国の公用語として政府が認める言語で、中国で学校に通う中国人は、基本的にこの「普通話」を国語として勉強します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




広東語と北京語は全然違う

1847501700_3e480925c5_b
photo credit: DSC00807 via photopin (license)

広東語は中国の方言の一つと書きました。しかし、方言と言っても、「普通語」や北京語との違いはとても大きく、基本的に北京語を話す人と広東語を話す人との間でのコミュニケーションは、かなり困難です。

方言と言っても、日本で言うような標準語と関西弁程度の差ではないと思ってください。はっきり言って、全く別の言語のように聞こえます。

広東語は香港や広東省で広く使われている

2522835222_89cfa3d3ae
photo credit: DSC04051 via photopin (license)

広東語は、主に中国の広東省や香港でよく話されています。特に香港では、広東語は独自の進化を遂げているといってもよいでしょう。

それはイギリス統治時代からの流れで、英語による影響を受けているからです。

ですから、広東省で使われる広東語と香港で話されている広東語には若干の違いがあります。具体的に何が違うかというと、ボキャブラリと発音でしょう。

香港で話される広東語には、英語から輸入された語彙がたくさんあります。日本語に例えると外来語のようなものです。

そしてそれは、一部広東省でも使われることはありますが、かなり通じにくいものなどもあります。

また、アクセントも少し異なりますが、コミュニケーション上はたいして障害となりません。ただし、広東省の中でも、田舎の方の出身の人の広東語は、(少なくとも外国人にとっては)かなり聞き取りにくいと思います。

広東語は話し言葉

3243578975_08d3c6ce15_b
photo credit: IMG_6177 via photopin (license)

広東語は一つの方言なので、基本的には「話し言葉」です。

中国語は普通漢字を用いて表記しますね。しかし、広東語の単語の中には、発音はあっても文字を持たないものもあります。ですから、広東語の辞書の中には「□□」と表記されていたりします。

中国語の文字と話し言葉

6077866831_2c3bcf9b37
photo credit: 0824201113732 via photopin (license)

中国はその歴史上、かなり特異な言語体系を持っています。一般的に中国で公用語とされるのは「普通話」と呼ばれる北京語をベースとした標準語です。

その表記は「簡体字」が用いられます。この「簡体字」は中国政府が、中国人が中国漢字を学びやすくするために、古い漢字を整理して作り上げた、新しい漢字です。一方、中国政府から政治的に特別な扱いを受けてきた香港と台湾では昔の煩雑な感じ「繁体字」を今でも用いています。

中国の書き言葉と話し言葉を整理するとこんな感じになります。

香港;話し言葉「広東語」、書き言葉「繁体字」
台湾;話し言葉「普通話=北京語」、書き言葉「繁体字」
中国広東省;話し言葉「広東語」、書き言葉「簡体字」
それ以外の中国;話し言葉「普通話=北京語」、書き言葉「簡体字」

ちょっと、ややこしいですね。

でも、もちろん、普通話は中国のどこに行っても、だいたい通じます。

Facebookでシェア!
この記事をお届けした
語学マニア.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク