一番早く身につく英語勉強法、最低限やっておきたい7つのこと

英語学習者なら、誰でも最小限の手間と時間で最大限の効果を挙げたいと思うものです。数ある英会話教室や教材にしろ、オンライン学習法にしろ、どんな勉強法が最も効率的か、いろいろ紹介されています。

しかし、英語に限らず言語習得と言うのは、本当はとてもシンプルなものです。

ここに書いた7つのことは、基本的なことすぎて、「なあんだ」と思うかもしれません。でも、たまには基本にかえって、再確認してみることも重要だと思います。

実は、このほかにもいろいろ勉強法はありますが、英語勉強法で最低限やっておきたいことを選りすぐってピックアップしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.とにかく聞く

6949804344_1f1d137cc2_o
photo credit: Listen via photopin (license)

英語勉強法の基本中の基本です。英語の上達はインプットなしにはありえません。これは初心者であっても上級者であっても同じです。手っ取り早く、英語をマスターしたいと思うなら、英語でインプットして英語でアウトプットすることです。頭の中で、日本語と英語の変換作業をやめましょう。

英語を聞き、英語のフレーズとして覚え、使いたい時にそのまま口から出てくる状態を目指します。その前提として、大量の、しかも正確な英語のインプットが必要です。

そのために一番肝心なことは、とにかく英語を聞くことです。聞いて、聞いて、聞きまくります。いろんな素材を聞く必要はありません。

一つ、自分が好きなことや興味があることで、全文を完全に理解できるものを用意します。初心者のうちは、あまり長くないものが良いでしょう。A4レポート用紙に半分強程度(会話文なら1枚分)のボリュームが適当だと思います。

文章の中に分からないことがあったら、辞書を引いて丁寧に調べます。そして、完璧に理解します。その文章をとにかく聞いてください。同じ素材をしつこく何度も繰り返し聞いてください。話す人の息遣い、イントネーションを覚えてしまうくらいに聞きこみます。

2.繰り返す

5059599623_75acb392a4_b
photo credit: Reading a book in train via photopin (license)

二つ目は「繰り返す」ことです。英語を繰り返し聞く、そしてその英語を真似て自分の口を実際に動かしてリピートしてみます。

始めは、短いフレーズごとに音声を止めても構いません。慣れてきたら、短いフレーズから、長い一つのセンテンスに挑戦します。最終的には音声を止めないで、英語の音について発音するシャドーイングができるように練習します。

ここでも、しつこく同じ素材で練習してください。聞いたら、繰り返す。自分の口を動かす、これが大変重要なのです。

「英語を聞くだけで英語がマスターできる」ということはあり得ません。「繰り返す」、この過程を無視して、突然ある日、英語がペラペラ口から出てくるというような奇跡は、起こりません。

どれぐらい練習するのかと言うと、一つの素材を一日5回は自分の口で全文を呟いてもらいたいです。「えー、5回も!?」と思った人は次の項目に読み進んでください。

3.隙間時間を利用する

10723954004_3c88161e1c
photo credit: U-Bahn via photopin (license)

現代人は、みんな忙しいライフスタイルを送っています。そんな中、たとえ英語をスキルアップしたいと思っていても、なかなか勉強時間が取れないのが本当のところだと思います。

3つ目のポイントは、「隙間時間を利用する」ということです。この隙間時間をどれだけうまく活用できるかが、効率的な英語学習を左右します。

最速の英語勉強法は、まず「聞くこと」、そして「繰り返す」ことと言いました。それに費やす時間は、細切れでも構いません。一日のうちで「耳」もしくは「耳と口」が空いている時間を使います。

例えば、通勤時間。これはもうオーソドックスですよね。電車通勤や自動車通勤でも、あるいは歩いての通勤でも、この時間は「耳」は暇なはずです。通勤時間は、ぜひとも英語学習に利用したい「隙間時間」です。

あるいは、料理をしている時、着替えている時、歯磨きをしている時、トイレ中(食事中はああまりおすすめしません、消化不良になりそうなので)。一日の行動を思い出してみてください。意外と空いている時間はあるものです。

本の2、3分でも、10分でも構いません。ちりも積もれば山となります。ほんの小さな隙間時間でも無駄にしない、そんな貪欲さが英語学習者には必要です。

4.話す機会を逃さない

6880202377_42d13b0032_b
photo credit: decoded@mcbw 2012 via photopin (license)

海外に住んでいるならまだしも、日本にいると、外国人とふれあう機会は少ないですよね。必然的に英語を話す機会もあまりありません。

しかし、英語は話してこそ身につくものです。これは、単にシャドーイングで音を繰り返したり、セルフトーク(独り言)でぶつぶつ呟く練習法とは異なります。

街に出て、外国人に会ったら、こちらから声をかけてみるくらいのずうずうしさが必要です。だいたい語学を習得するのが速い人には、この「ずうずうしさ」をもともと身につけている人が多いのです。

少し、勇気を振り絞って自分から話しかけてみましょう。自分の英語が通じた時の喜びは、さらに勉強に励むための原動力になります。また、逆にうまく伝わらなくてがっかりしたとしても、それもまた「よし、もっとがんばろう」という気持ちにさせてくれるものです。

完璧な英語を話す必要はありません。私たちは英語のネイティブではないのですから。しかし、多少英語が話せるはずなのに、間違いを恐れてもじもじしているのはもったいないです。

「見ず知らずの外国人にいきなり話しかけるなんて、そんなナンパみたいなことできない!」と思う人は、オンライン英会話でも何でも良いので、とにかく英語を話せる環境を作りましょう。

このレベルに来たら、独学では英語はうまくなりません。

5.ストレスをためない

11883711026_f222b77ca0_b
photo credit: Sleeping Dayzzz – Melbourne Zoo via photopin (license)

「一日10個新しい英単語を覚える」なんて、無理な目標を設定していませんか?

一番早くマスターできる英語学習法第5番目のコツは、「ストレスをためない」ことです。自分に無理なノルマを課せるのはやめましょう。

高すぎる目標を設定すると、結局達成できなくて、挫折感で英語学習をやめてしまいかねません。英語を勉強することをストレスに思わないでください。

語学は人との交流が目的で行うものです。無味乾燥な単語の暗記を目標にして、学習意欲がなえてしまったら、もったいないです。

どうせ、目標を立てるなら、「今年こそ、外国人のかわいい女の子と付き合う」とか「海外旅行に行く」など、楽しい目的にしましょう。

語学を極めるには時間が必要です。長い道のりを歩いていくわけですから、気楽に構えるぐらいでちょうど良いと思います。

6.自分をほめる

13644427803_767dcb4e4e_b
photo credit: Ich liebe dich! 95/365 via photopin (license)

英語がある日突然しゃべれるようになる、なんてことは起こりません。「今日もうまく話せなかった」「今日も新しい表現を覚えられなかった」なんて、落ち込むことはしょっちゅうです。

しかし、ここで述べた「とにかく英語を聞く」ことと「繰りかえす」ことを行っていれば、なかなか実感はできないかもしれませんが、明らかに実力は伸びているはずです。

自分がぺらぺら英語を話して外国人とかっこよくジョークを飛ばし合っている姿を目指すのは、良いことです。でも、そんな未来の自分ばかり見ていないで、たまには過去の自分を振り返ってみましょう。

昨日の自分、1週間前の自分、1年前の自分。そして、過去の自分から、今の自分がどれだけ成長できたかを確認して、自分をほめてあげるのです。

例えば、1年前には英語で自己紹介もできなかった自分がいたはずです。そんな過去の自分と比較してできるようになっったことを見つめましょう。「出来ないこと」を悔やむのではなく、「できるようになったこと」について自分をほめてあげるのです。

そうすれば、英語学習において、ストレスもたまりにくくなります。

7.毎日コツコツ続ける

14614462025_27b547f5ff_b
photo credit: City Parade, Charleroi via photopin (license)

以上のことをまとめると、

1.とにかく英語を聞く
2.繰り返す
3.隙間時間を利用する
4.英語を話す機会を逃さない
5.ストレスをためない
6.自分をほめる

これが、英語勉強法として最低限やっておきたいことの6つです。

そして、最後のひとつ、これが実は一番大切でもあります。それは「毎日コツコツ続ける」こと。これはもう英語学習においては決まり文句のようになっていて、当たり前すぎることですよね。

でも、やはり昔から人々が何百回、何千回と繰り返すことは、真理でもあるのです。

「早く英語を習得したい」という気持ちはたいへんよくわかります。しかし、たとえ短い時間でも毎日続けることが、遠回りに見えて、実は一番近道なのです。

英語勉強法に、「これさえやれば、必ず英語がマスターできる」と言うような魔法はありません。英語が堪能な人は、みな地道に勉強してきた人たちです。

この7つの項目を、真面目に行えば、必ず英語は上手くなるでしょう。私もまだまだ英語の勉強中です。時々、怠けたくなることもありますが、この7つのポイントを胸に毎日コツコツ続けたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク