スポンサーリンク

中国語学習、北京語と普通話はどんな言葉か?

中国語を話す人は世界中にたくさんいます。

それだけ多くの人が話す言語としての中国語と考えると、第2言語として、身に付けておくスキルとしてはとても意義のある言語のひとつです。中国語を話せるということは、それだけビジネスチャンスが広がると言えるでしょう。

私たちが中国語を学ぶとき、たいていの場合は、標準語として話されている北京語を指します。しかし、中国には北京語の他にもたくさんの方言があります。最も大きな方言の一つが広東語です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




中国には方言がたくさんある

6344909693_113c254877_b
photo credit: Between Beijing-Lhasa via photopin (license)

中国は、現在13億人以上の人口を抱えています。その多くは漢民族と呼ばれる人たちですが、漢民族以外にも55の少数民族がすんでいます。

これら少数民族は、みなそれぞれの言語を持っています。また、漢民族でも、中国は広いので、地方によって多くの方言が話されています。代表的なものを挙げてみると、広東語、上海語、台湾語、南京語、福建語などなど。

日本でも方言というと関西弁とか東北弁とかありますね。でも、私たち日本人は、異なる方言を話していても、たいていなんとか意思疎通できます。

しかし、中国の方言は、その違いが大きすぎて、異なる地方の人々はお互いに意思疎通するのが困難です。そのため、統一した標準語として国家に認められているのが北京周辺で話されている方言「北京語」をもとにした「普通話」です。

「普通話」は中国国内では標準語という意味で用いられます。中国語では「国語」という風にも呼ばれます。これは、私たちが一般に言う「北京語」と同じです。

中国人はみんな「普通話」を話しているか?

12211457006_ded43e4289_b
photo credit: Ibn Batuta Mall, Dubai, UAE via photopin (license)

中国政府から標準的な国語として採用されたのが「北京語」、つまり「普通話」です。

国民の意思疎通をスムーズにするために、中国政府はこの「普通話」の普及に努めています。一般的の学校でもこの「普通話」で教育することが推奨されています。

ですから、普通の水準の教育を受けた中国人は皆、この「普通話」を話します。しかし、発音が完璧な人はめったにいません。

彼らにとって、「普通話」は第2言語のようなものです。もともと北京語を話す地方の人を別にして、家ではその地方の方言を話し、かつ「普通話」も不自由なく操るという人がほとんどです。

地方に行くと、特に年配の人は、自分たちの方言しか話せない人もたくさんいます。

普通話を学ぶ中国人は、そのスキル検定みたいなものもあるらしいです。その発音の正しさもその検定で評価されると言います。

しかし、トップレベルの普通話を完璧に話せる人はCCTV(中国中央電視台、日本のNHKのようなもの)のニュースキャスターぐらいしかいないとも言います。

失われつつある中国方言

12686716893_aa43db7e03_b
photo credit: Woman waiting outside Bird Market via photopin (license)

しかし、中央政府の「普通話」普及により、地方独特の方言は失われる危険性を持っています。

日本で言えば、大阪にある学校がみな標準語で授業を行わなければいけなくなるようなものです。そうなると関西弁は次第に話す人が少なくなっていく危険性があります。

この問題は、特に今香港で大きな問題として取り上げられています。中国返還後、中国政府は中央の政策をじわじわと香港にも浸透させようとしているような気がします。

最近では、香港の学校でも普通話による授業を行う小中学校が増えてきました。香港人の中には、「香港の方言である広東語が将来失われるのではないか」という危機感を抱いている知識人が多くいます。



Facebookでシェア!
この記事をお届けした
語学マニア.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク