スポンサーリンク

子どもをバイリンガルに育てたい!家でもできる3つのこと

英語ができなくて苦労した人ほど、子供には英語を身につけさせたいと思うかもしれません。子どもさんをバイリンガルに育てたいという親御さんは多いと思いますが、英会話スクールに通わせるだけでは、そう思うように子供の英語力は伸びないものです。

子どもをバイリンガルに育てるために、家でもできることはないのでしょうか。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




家でバイリンガルの環境を作る

子ども,バイリンガル

バイリンガルに育てたいとおもったら、子どもを教育することも大事ですが、家でバイリンガルの状況を作らないといけません。

いくら子どもに高い教材をつぎこもうが、一週間に一度バイリンガルにするために語学教室に通わせようが、家での環境が大きな影響力を持っています。

どんなに高い受講料を払って、英会話スクールに通わせても、それだけで子どもをバイリンガルにするのは至難の業です。

それは、バイリンガルにするには、母国語以外の多言語に触れている時間が相対的にすくないです。


親もいっしょにバイリンガルになる

子ども,バイリンガル

まずは、親がバイリンガルになりましょう。

子供をバイリンガルに教育する以前に、家にいる子どもと接する人すべてがバイリンガルである状況をつくってください。子共だけに強いてもだめです。

自分ができていないのですから、親子で一緒に語学の勉強をすることを十分にこころがけましょう。

あなたが学んだことを、母国語ではなしかけるように、多言語でどんどん子どもたちに話しかけ、また子どもが家でその言葉を使う状況を作ってあげてください。

バイリンガルにするというのは、そう簡単なことではないのです。


DVDを流すだけでも効果はあるが

子ども,バイリンガル

DVDをながしておくだけでも、かなり違うとはおもいますが、母国語が日本語の子どもの場合、成長するにつれて生活時間に占める日本語の比率が大きくなります。

インターナショシャルスクールなどに行かないかぎり、周囲の子供と大人も日本語で話しかけてきます。

日本語で考え、話すことが多くなるのですから、あたりまえですよね。週に一度の言語は練習の機会が少なすぎるのです。

家中をバイリンガルの環境に置くことも少しは効果があると思います。最近はネットで英語のテレビもカンタンに視聴できます。それらを流して置いたり、英語の絵本や雑誌を置いておいたり・・・。

でも、やっぱり一番大切なのは、親からの話しかけでしょう。

「でも、英語なんてできないよ!」という人は、子供さんといっしょにレッスンを受けるという方法もありますよ。

子どもの習い事として人気急上昇中なのが英会話です。最近では日本国内の企業でも英語が使われ始めるなど、今後の就職や就学に英語はとても重要な意味...
Facebookでシェア!
この記事をお届けした
語学マニア.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク