スポンサーリンク

英語中級者のリスニング練習におすすめTEDトーク、私のお気に入り

英語のリスニング力を上げるために、ネットから英語サイトを見たり聞いたりしている人は多いと思います。英語のコミュニケーション力を向上させるためには、中級者や上級者になっても、常にリスニング練習を継続して行う必要があります。私は、よくTEDトークから自分のお気に入りのトークをリスニング練習として使っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




自分の興味のあるものからリスニング

英語のリスニング練習におすすめTEDトーク

TEDトークの良いところは、あらゆるジャンルを網羅しているということです。リスニング練習は、ひとつの教材をしつこく何度も繰り返して聴く、「清聴」が大切です。同じものを何度も聴くためには、その教材自体がおもしろく魅力的でなくては、続かなくなります。

その点、TEDトークには、自分の興味のあるジャンルのものを選びやすく、長さも平均的なもので15分程度、登場する人々は有名人や著名人が多く、内容のクオリティはかなり高いものが多いです。英語はもちろん日本語字幕に対応しているトークも多いので、英語のリスニング練習にはもってこいなんです。

私も、気に入ったトークはお気に入りに登録して、何度も聴いたりしています。今回は、その中でも、英語初心者から中級者のリスニング練習に向いているのではないかと思うものをピックアップしてみました。私の選ぶジャンルは、限られていますが、なるべくいろいろなジャンルのものを選んだつもりです。


自分を変えたい人におすすめ!

中国人Jia Jiang氏が語る「What I learned from 100 days of rejection」。

他人に拒絶(Reject)されることに、恐怖を感じるJia氏は、ある日Rejection Therapyという方法に巡り合います。これは、見ず知らずに他人にわざと拒絶されるような「お願い」をして、他人に拒絶されることに免疫をつけてしまおうという方法。

ジョークのような発想ですが、実際に彼はこれを実行します。恰幅のいいガードマンにいきなり「$100貸してくんない?」と頼んだり、大手ハンバーガーチェーン点で「Burger refill(ハンバーガー無料お替り)」頼んだり…。その結果、彼の人生を変えるようなことが。

おもしろおかしく語られ、冒頭から視聴者を引き付けます。そして、意外にも感動的な結末へと導かれるトークは、本当に素晴らしいと思います。発音も聞き取りやすく、難しい単語も少ないので、初級者にもおすすめです!


恋愛もしくは数字に興味がある人におすすめ

美人数学者Hannah Fry氏が、数学を用いて恋愛を科学します、「The mathematics of love」。

恋愛のような、ミステリアスで不秩序的だと思われるものでも、数学を用いて科学的に説明できることがあるといいます。人生の中で、最良のパートナーと結ばれるには、どうすればいいか。オンラインデートで、多くの人にモテるコツ、離婚を避けるためのテクニックを、数学と方程式で説明します。

恋愛に興味がある人や、数学、特に統計学や数字が得意な人には、興味深いトークだと思います。Hannah Fry氏の英語は、ブリティッシュアクセントあり。


起業や女性の社会進出に興味がある人におすすめ

Sheryl Sandberg氏は、フェイスブックの最高執行責任者です。彼女は「Why we have too few women leaders」の中で、なぜ世の中には女性のリーダーが少ないのかについて、語っています。

女性として事業と家庭を両立することの難しさ、社会進出する女性を取り巻く環境など、ごく一般に語られていることではなく、これから社会でリーダーシップを発揮したいと考えている女性に向けたメッセージが詰まっています。

女性の社会進出やキャリアに関連した話題は、英語圏では特に頻繁に語られてることが多いので、これでボキャブラリーを増やしておくと良いのではないでしょうか。

欧米人が見るアジア人と文化についての痛快なトーク

Jennifer 8. Lee氏の「The hunt for General Tso」。

北米の中華料理店でよく食後に出される「フォーチューンクッキー」というものがあります。中に、紙製のおみくじが入っている焼き菓子です。北米の人にとって、これは中国や中華料理のシンボル的なお菓子でもありますが、これを中国本土に持っていってもだれもこのお菓子のことを知っている人はいないんです。

中国と全く関係のない「フォーチューンクッキー」が、どうして北米では中国のシンボルのように扱われているのか。実は、その理由は日本にも関係があるものでした。

欧米国でのアジア文化がどのように発展し、独自の変化を遂げるのか、痛快に語ります。


音楽や芸術に興味がある人におすすめ

イギリス出身のシンガーソングライター、Sting氏はご存知の人も多いでしょう。「Fragile」、「Englishman in New York」、「Shape of My Heart」など次々のヒット曲を生み出したアーティストです。英語の歌なので、彼の曲を聴いたりうたったりすることも英語学習にもなりますね。

このトークを聞くまで、私は知らなかったのですが、才能豊かな彼にもスランプ時代がありました。あれほど毎年多くの曲を書いていた彼が、突然歌が書けなくなったのです。曲のインスピレーションが突如として、湧いてこなくなった…、アーティストにとってこれほどショックなことはないのではないでしょうか。

彼は「How I started writing songs again」の中で、いかにしてその困難を克服し、また、曲が書けるようになったのか、歌を交えて熱く語ります。

人権問題や異文化習慣に興味がある人におすすめ

(このトークには、一部、気分を害するような表現が含まれていますので、苦手な方は避けてください)

Khadija Gbla氏が「My mother’s strange definition of empowerment」の中で語るのは、「女性器切除(FGM)」という習慣についてです。西アフリカ、シエラレオネ出身で、ガンビア共和国で幼少時代を過ごし、10代のころオーストラリアに移りました。

彼女は、母親によってFGMを強いられたときの経験を赤裸々に語っています。彼女が受けた混乱やショック、怒り、母親との会話が生き生きと描写されます。英語は彼女にとって第3言語になるので、放すスピードはそれほど速くありませんが、少しアクセントがあります。

現在、彼女はNo FGM Australiaという団体を率いています。彼女によれば、オーストラリアでは、毎日3人の女児がFGMの危機にさらされていると言います。

FGM is child abuse. It’s violence against women.
(FGMは、児童虐待です。女性に対する暴力です。)


ポッドキャストでTEDトークを探す

ポッドキャストでもTEDトークをダウンロードすることは可能ですが、TEDトークのラジオ版としてTED Radio Hourというのもあります。

TED Radio Hourは、Guy Razという人がホストを務めていて、TEDトークのまとめのような感じです。LoveやCreativityなどといった、テーマごとにTEDトークを数本集めて紹介してくれます。時には、TEDトークで出演した人物を招いて、ホストのGuy Raz氏と会話をするプログラムもあり、TEDトークの舞台裏のような話を聞くこともできます。

ただし、こちらは日本語も英語も字幕なしなので、ある程度のリスニング力がついてからでないと、おもしろくないかもしれません。1プログラムは1時間程度の長さで、映像はありません。スマホに音声をダウンロードすれば、オフラインでも聴くことができます。移動の時などに聞き流すのも便利です。
A Better You – NPR

他にも面白いものがたくさんあるTED

他にも気に入っているトークはたくさんあるのですが、全部は紹介しきれないので、このくらいにしておきます。英語のリスニング力に自信がない人でも、日本語字幕のあるものを選べば気軽に楽しむこともできます。

ぜひ、ご自分で、興味の持てそうなものを検索してみてくださいね。

Facebookでシェア!
この記事をお届けした
語学マニア.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク