I don’t mind と I don’t care の違い-使い方を間違えるとけっこう大変!

I don’t mind と I don’t care の違い-使い方を間違えるとけっこう大変!

I don’t mind と I don’t careは、どちらも「どっちでもいい」「どちらでも構わない」と訳すことができます。でも、2つの表現には、ニュアンスの違いがあり、使い方を間違えると相手に誤解を与えてしまうこともあります。

実は、この2つのフレーズ、私もよく間違えてしまうことが多く、今回は自分への覚書のためにも記事として書いておきます。

I don’t mind と I don’t care、意味の違い

I don't mind と I don't care の違い

I don’t mind.
I don’t care.

2つの短いフレーズですが、日常会話ではよく使われる表現です。冒頭でも言いましたが、2つの文は「どちらでも構わない」という意味になります。

日本語に訳するとどちらも同じように見えますが、相手に与える印象には大きな差があります。

「I don’t mind.」は、2つ以上の選択肢があるとき「自分はどっちでも構わない」と言いたいときに使います。一方、「I don’t care.」の方は「自分は関心がないからどうでもいい」というニュアンスになってしまうんです。

I don’t mind と I don’t careの使い方

料理キッチン

たとえば

Do you want to have Chinese food or Spanish food tonight?
(今夜、中華料理とスペイン料理、どっちが食べたい?)

と聞かれた時「私はどちらでもいいよ(どっちもOK)」と答えるなら、

I don’t mind.

を使うのがおすすめです。

「中華料理でもいいし、スペイン料理でもいいよね、私はどっちという好みはないからあなたが選んでよ」などと続けることができます。

ここでもし、

I don’t care.

といってしまうと、「今夜の食事なんて私興味ないから、勝手にすれば?」という風に聞こえてしまうかもしれません。

相手を不愉快にさせたいならこれでもいいのですが、仲良くしたい相手なら「I don’t mind.」を使うようにしましょう。

I don’t careの使い方には気を付けよう

カップル

このように、「I don’t care.」にはネガティブなイメージがあります。ですので、何か聞かれて「どっちでもいいよ」といいたいときには、なるべく「I don’t mind.」を使うようにしましょう。

逆に、パートナーとけんかした時には、

You don’t care about how I feel.
(私の気持ちなんてどうでもいいんでしょ?)

のように使うこともできます。相手が「I do care!(もちろん気にするよ!)」と答えてくれたら仲直りできますね(ここの「do」は強調)。

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

語学マニアの記事更新通知をメールで受け取る方法

当ブログの最近記事をメールで受信できます。 ご希望の方は以下のフォームからメールアドレスをご記入の上、送信してください。 メルマガでは、語学学習のコツなどもスポット的に配信しています。 登録無料、解除も自由に行えますので、気軽にお申し込みください。

英語カテゴリの最新記事