これが使えればイギリス英語っぽく聞こえる2つの単語と一つの文法

これが使えればイギリス英語っぽく聞こえる2つの単語と一つの文法

イギリス英語とアメリカ英語の違いについては、以前の記事でも紹介しました。今回は、イギリス滞在期間中に感じたイギリス英語の3つの特徴について、書いてみようと思います。

イギリス英語頻出形容詞「Lovely」の使い方

イギリス英語頻出形容詞「Lovely」の使い方

イギリス人と少し会話していると気が付くのが、この形容詞「Lovely」の多用です。とにかく、Lovelyを耳にしない日はないというくらい、これを使いまくるのがイギリス人!

日本人女性が使う「かわいい」と同じくらいかそれ以上の頻度で、この単語が使われています。

Lovelyは「かわいらしい、素敵な」という意味の形容詞ですが、その対象となるものの範囲は広く、庭、花、天気、ケーキ、動物、子供など、とにかくなんでも「Lovely」といっていればイギリス人風に聞こえるかも。

テレビを見ても、ラジオを聞いても、街で人々の会話に耳にしても、出てくる形容詞は

Lovely, lovely, gorgeous, lovely, fantastic, lovely, lovely, nicely…..

というくらいに頻出します(ただし、nicelyは副詞)。

私が住んでいるカナダでは、どちらかというとマイナーな形容詞なのでとても新鮮でした。毎日聞いていると、自然と自分でもLovelyを使っているので、使い方はそう難しくありません。

It’s a lovely day!

Lovely weather.

It will be lovely.

it’s so cute and lovely…..

などなど。

イギリス英語はHow are you?じゃなくAre you all right?

イギリス英語Are you all right?

もう一つイギリスに来て「おや?」っと思ったのが、このフレーズ。

Are you all right?

「all right」は「alright」とも書かれますが、「大丈夫」という意味です。ですから、このフレーズだと「あなた、大丈夫?」と何か心配されているような気がしてしまいます。

ところが、イギリスでは(少なくとも私が滞在したイギリス南部では)、これが普段の挨拶として使われているようで、街で知り合いに会った時はいつも「Are you all right?」もしくは単に「All right?」といってあいさつしていました。

これに返答するときは、

I’m all right.

と返せばOK。

別に特別なことを心配しているだけでなく、単に「元気?」とか「やあ」というあいさつなので、気軽に答えておきましょう。

付加疑問文が使いこなせたらかなりイギリス英語的!

イギリス、ニューフォレスト
イギリス、ニューフォレストにて

そして、3つ目の特徴として今回取り上げたいのが付加疑問文です。付加疑問文については、以前の記事にも紹介しているので、ここでは掘り下げて書きません。

でも、イギリス人はアメリカ人よりも、よほどこの付加疑問文を使います。英語学習者にとって、付加疑問文はやや使いにくい文法ですが、それだけに正しく使えるとちょっとかっこいいと思いますよ。

付加疑問文を使いこなせるとちょっとイギリス英語っぽい

イギリスに行ったら使いたい3つのイギリス英語

こんなわけで、3つの特徴を取り上げてみました。これを踏まえて、イギリスで日常的に行われる会話の始まりはこんな感じ…

Hello, are you all right?

I’m all right. Are you?

I am all right, too! It’s a lovely day, isn’t it?

Yeah, it is………

実際には、イギリスではLovely weatherの日はあまり多くないようですが、私が滞在した時はお天気に恵まれていたようです。

みなさんもイギリスに行かれるときには、ぜひ、この3つ、使ってみてくださいね!

What are you up to?の意味と使い方/答え方、英語ネイティブはHow are youをあまり使わないの?

アメリカ英語とイギリス英語の違い‐oftenの「t」が消えてなくなる日

語学マニアの記事更新通知をメールで受け取る方法

当ブログの最近記事をメールで受信できます。 ご希望の方は以下のフォームからメールアドレスをご記入の上、送信してください。 メルマガでは、語学学習のコツなどもスポット的に配信しています。 登録無料、解除も自由に行えますので、気軽にお申し込みください。

英語カテゴリの最新記事