【PR】50言語61か国に対応!通訳デバイスPOCKETALK(ポケトーク)
語学マニアの電子書籍発売中!

アマゾンキンドルから電子書籍を販売しています。お手持ちのデバイスにダウンロードして、気になるフレーズを持ち歩きたいという人に!

書籍紹介ページはコチラ

spectator と audienceの違い

英語

「spectator」と「audience」はどちらも「観客」と訳されることが多く、英語学習者にとっては少し理解しづらい単語たちです。

今回は、「spectator」と「audience」の違いについてまとめてみました。

スポンサーリンク

spectator と audience

2020年春からのパンデミックで、多くの国においてスポーツイベントが中止されたり延期されたりしました。そしてそのあとは無観客という条件のもとに試合が行われたりしましたね。2021年に延期された東京オリンピックも無観客開催でした。

この場合の無観客に含まれる「観客」は「audience」ではなく「spectator」になります。

覚え方として、「spectator」はスポーツの試合などをスタジアムなどで観戦する人を指します。「spectate(スポーツ観戦する)」という動詞に人を表す接尾辞が付いた形と覚えるとよいでしょう。

一方、「audience」は「audio」から派生した単語として整理しておくとよいと思います。「観る」だけでなく「聴く」ことが大きな要素として含まれており、テレビ、ラジオやプレゼンテーションなどを「視聴する人(人々)」を指します。

それぞれの定義と例文を確認しておきましょう。

spectatorの意味と使い方

a person who watches an activity, especially a sports event, without taking part
(ある活動、特にスポーツイベントに参加せずに見ている人のこと)

https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/spectator

以下、例文です。

The football match was held without spectators after the pandemic happened.
(パンデミック後、サッカー試合が無観客で行われた)

Overseas spectators were not allowed to enter Japan for the Tokyo Olympic Games in 2021.
(2021年の東京オリンピックでは海外からの観戦者は入国を許されなかった)

The spectators went crazy at the end of the game.
(試合のエンディングで、観客は熱狂した)

audienceの意味と使い方

the group of people together in one place to watch or listen to a play, film, someone speaking, etc.
(演劇や映画、誰かが話しているのを見たり聞いたりするために、一つの場所に集まった人たちの集まりのこと)

https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/audience

「spectator」と「audience」はどちらも可算名詞となっていますが、「spectator」の定義が「a person~」となっているのに対し、「audience」の方は「the group of people~」となっています。 「audience」は「人々の集団」を指すため、通常は単数形で使われます。

The theatre was filled with an audience of several thousand.
(劇場は数千の観客でいっぱいだった)

The audience stood up and applauded when she finished her speech.
(彼女がスピーチを終えると、観客は立ち上がって拍手を送った)

「audience」にはこんな定義もあります。

the (number of) people watching or listening to a particular television or radio programme, reading a particular book, or visiting a particular website
(特定のテレビ番組やラジオ番組を見たり聞いたり、特定の本を読んだり、特定のウェブサイトを訪れたりする人やその数のこと)

私はライターなので、ウェブサイト運営に関する文章を書いたり、自分で本をセルフ出版することがあります。このようなウェブサイトや本を読んでくれる人、自分の作品のファンという意味で「audience」を使うこともあります。

Growing your audience is crucial for online marketing.
(オンラインマーケティングでは、ファンを育てることが重要だ)

Thanks to the support of its audience, this show has been on the air for more than 50 years!
(視聴者の皆様に支えられて、この番組は50年以上も放送されています)

日本語ではどちらも「観客」ですみそうなものですが、英語の場合は使い分けが必要です。スポーツ系のイベントであれば「spectator」、音声や楽曲を含めてオーディオとして楽しむ要素が含まれるイベントには「audience」を使うようにしましょう。

メール登録でブログ更新通知をお届けします!

* indicates required
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英語
スポンサーリンク
語学マニア.com

コメント