【PR】50言語61か国に対応!通訳デバイスPOCKETALK(ポケトーク)
語学マニアの電子書籍発売中!

アマゾンキンドルから電子書籍を販売しています。お手持ちのデバイスにダウンロードして、気になるフレーズを持ち歩きたいという人に!

書籍紹介ページはコチラ

Must have done/Must’ve doneの使い方

Must have done/Must've doneの使い方 英語
Must have done/Must've doneの使い方

「英語日常会話で仮定法過去完了を使いこなそう!」というシリーズでお届けしています。今回は「Must have done/Must’ve done」の話。これまで紹介してきた助動詞+have doneに比較しても、圧倒的に単体で(主節のみで)使われることが多いのが、この「Must have done/Must’ve done」です。

英文法の本などでは仮定法過去完了として使われる助動詞の一つとして紹介されている場合もありますが、むしろ単体で使われる方が自然なのが「Must have done/Must’ve done」でもあります。

今回は、「Must have done/Must’ve done」の使い方について紹介します。

スポンサーリンク

Must have done/Must’ve doneが聞き取りにくい理由

英語の文法書の中には、「must have done」を仮定法過去完了の主節の一つとして紹介しているものもあります。しかし、この「must have done」はそれだけで使われることのほうがむしろ自然だと思います。それだけに、使いやすいフレーズでもあり、突然会話に登場したときに戸惑うこともありますね。

これを使いこなせるようになるためには、自分で積極的に「must have done/may have done」を使ってみることです。「must have done」はmustとhaveがくっついて「must’ve」と短縮されることもすくなくありません。「t」と「’ve」という二つの子音が重なるので、ちょっと聞き取りにくいですが、そのあとに動詞の過去分詞が来るのでこれがヒントになるでしょう。

この「助動詞+have」の部分は、文章の中ではそれほど重要な要素ではありません。だから余計にサラッと発音されるのですが、自分が口に出していうときもそれほど構えることなく発音すればすむわけです。重要なのはむしろその後に続く動詞過去分詞の方ですので、それに向かって一気に発音するようにしてみてください。

過去の事実を推論、推理するMust have done

「must」は助動詞として働き、「~しなくてはいけない」などといった必要性や義務を表現します。そのほかに「推論」「推理」を表し「~にちがいない」という意味でも使うことができます。

推測、推論に使える英語表現はいろいろあります。以前紹介したmaybeやperhapsはよく使われる副詞ですね。

Maybe, Perhaps, Probablyの違いと使い方
日本人は「Maybe」という単語が好きらしく、よく使うといわれます。私もよく使います。きっと物事を断言することをあまり好まない国民性なのかもしれないですね。 ところで、Maybe「多分」という意味の英語は他にもあって、「Perhaps...

それら推測や推論を表す表現の中でも、かなりの確信をもって「~にちがいない」と推理するのが「must」です。推理の根拠や理由を伴って使われることも多いです。

There is a big footprint by the window. The thief must have broken in from there.
(窓のそばに大きな足跡がある。泥棒はそこから侵入したに違いない)
Look at the stain! Someone must’ve spilt wine on the carpet!
(シミを見て!誰か、カーペットにワインをこぼしたに違いない!)
It must have been flooding. The road is partially washed out.
(浸水があったに違いない。道路が部分的に流されている)
It is unusual to have a traffic jam at this time of the day. It must have been an accident.
(この時間帯に渋滞なんてめずらしい。きっと事故があったんだよ)
He had his money stolen just after he had exchanged it. He must have been followed by them all the way from the money changer.
(彼は両替した直後に金を盗まれた。きっとずっと後をつけられていたに違いない)

過去の気持ちや反応を推測するMust have done (been)

口語でよく使われる言い方ですが、だれかの気持ちや反応などを推測して「~にちがいない」という文脈でもよく使われます。現在形で使う場合は「must be」の形で使うことが多いですが、過去の気持ちや反応について述べる場合は、be動詞の過去分詞「been」を使います。

  • It must be difficult for her.
    (彼女はつらいに違いない)
  • It must have been difficult for her at that time.
    (そのとき、彼女はつらかったに違いない)
Did you go to the party last Friday? It must have been fun!
(先週金曜日のパーティに行ったの?きっと楽しかったでしょうね!)
It was so nice of you sending flowers to your mum. She must have been very happy with your gift.
(お母さんに花を送ったなんて素敵なことをしたのね。彼女きっと贈り物に喜んだことでしょう)

Must have done/Must’ve doneの使い方まとめ

今回は「Must have done/Must’ve done」の使い方について紹介しました。

仮定法過去完了というよりも、「Must have done/Must’ve done」はそれ単体で使い、過去の事実に対する推理や推論を述べます。

これが自由自在に使えるようになれば、過去の話をするときの表現がぐっと広がるはずです。ぜひ、積極的に使ってみてください。

 

Would've done/Would have doneの使い方 英語日常会話で仮定法過去完了を使いこなす!
仮定法過去完了というと、高校英語で習う英文法です。ちょっと難しそう、というイメージを持っている人も多いと思いますが、英語ネイティブは意外とよく日常会話で使っています。 しかもサラッと使われて聞き取りにくかったりするので、「あれ?今のっ...
Shouldを使って後悔を表す英語表現 Should've (should have) doneの使い方
人生はいろいろなことがあるので、後悔したくないと思っていても後悔してしまう瞬間があります。そんなとき、英語で後悔の念を表す方法として「should have +動詞過去完了」を使うことができます。 今から思えばあの時、こうするべきだっ...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英語
スポンサーリンク
おすすめアプリ!トーキングマラソン

英語学習アプリ「トーキングマラソン」を使ってみました。リアルな英会話が2週間無料でお試し練習できます。

解約方法も含めて、本音のレビューをまとめています。

英会話初心者におすすめ!

語学マニア.com

コメント