【PR】50言語61か国に対応!通訳デバイスPOCKETALK(ポケトーク)
語学マニアの電子書籍発売中!

アマゾンキンドルから電子書籍を販売しています。お手持ちのデバイスにダウンロードして、気になるフレーズを持ち歩きたいという人に!

書籍紹介ページはコチラ

片付けるは英語で何という?使える動詞7選とその使い方

片付けるは英語で何という?使える動詞7選とその使い方 英語
片付けるは英語で何という?使える動詞7選とその使い方

片付けるに関する英語表現を紹介します。

日本語の「片付ける」には、よくよく考えるといろいろな意味と使われ方があります。シーンと片付ける対象によって、使える英語表現が変わってきますので、適切な言葉を選択したいものですね。

片付ける、整理整頓するといいたいとき、英語では何というのか、ここでまとめて整理しておきましょう!

スポンサーリンク

モノをおいやって片付けるPut away

Put awayには、何かをあるべきところに納めるという意味があります。日本語の「片付ける」にぴったりのフレーズだと思います。

片付ける対象となるモノを「put」と「away」の間に置くか、「away」の後に置くかします。

具体的なモノの名前以外に、itやthem、your thingsなどといった抽象的なものを置くこともできますが、itやthemは、「put it away」のように、通常「put」と「away」の間に置きます。

Put your toys away.
(おもちゃを片付けなさい)
Put your clothes away.
(服を片付けて)

「your things」のような名詞(あまり長すぎないもの)は「put」と「away」の間に置くことも、「put away」の後に置くこともあります。

Put your things away now!
(今すぐ、自分のものを片付けなさい!)
Put away your things, please.
(自分のものを片付けてください)

目的となる名詞が長かったり複数ある場合は、「put away」の後に置きましょう。

The dinner is almost ready. Could you put away your computer and documents from the table, please?
(夕食の用意がほぼできました。テーブルの上のコンピューターと書類を片付けてください)
Thank you for putting the washing away.
(洗濯物を片付けてくれて、ありがとう)

この場合の「the washing」は、洗濯して物干し竿などに干してあった洗濯物を意味します。それを取り入れて片付けてくれてありがとう、という意味ですね。

I will put the dishes away after I dry them.
(食器を拭いてから片付けるね)

食事の後の片づけで、洗った食器をラックなどで乾かしますが、自然乾燥するのを待たずにふきんで拭いて食器棚などに片付けているシーンです。「I will put the dishes away」の部分は、食器乾燥機にかけたあとの食器を片付けるという意味でも使えます。

また、「put ~ back」といういい方もあり、これは、元ある場所に戻すというニュアンスが強くなります。次の3文はほとんど同じ意味です。覚えやすいものを一つ記憶しておくとよいでしょう。

Put things back the way you found them.
(見つけたときと同様に片付けて=元通りに片付けて)
Put things back in the place you found them.
(見つけた場所に片付けて)
Put things back where you found them.
(見つけたところに片付けて)

通常の名詞を置いて使うことも、もちろん可能です。

Put the knives and forks back in the cupboard.
(ナイフとフォークを食器棚に片付けて)

「put ~in order」といういい方もあります。「秩序立てて置く」→「片付ける」という意味で使えます。

Put your room in order.
(自分の部屋を片付けて)
I need to put my desktop in order.
(デスクトップを片付けないと)

整然と片付ける!Organize

日本語の「整理整頓」に近い表現に「organize/organise(米/英)」という動詞があります。「put ~in order」に近い意味で使うことができます。

I need to organise my room. It’s a bit messy right now.
(部屋を片付けないと。今ちょっと散らかっているからね)
How do you organise your desktop? Mine is always a mess.
(どうやってデスクトップを整理整頓しているの?私のはむちゃくちゃ)

この後の項目でも再度出てきますが、「messy(散らかっている様子)なモノ」や「a mess(散らかり)」を片付けるという意味でも使うことができます。

Now we have more time at home.  Should we organise the house a bit?
(さあ、今は家で過ごす時間が増えたから、家の中をちょっと整理整頓でもしとく?)
She is organising the documents.
(彼女は書類を片付けているところだ)
We’ve just moved in, so the house is not very organised yet.
(私たち、引っ越してきたばかりで、家の中はまだきちんと片付いていないんだ)

「be organised」といえば、片付いた状態を表現できます。また「organised」は人を形容するときにもよく使われます。

He is not organised at all.
(彼は、ちっともきちんとできない人だ)

といえば、整理整頓が苦手な人、うっかりミスの多い人、という性格や性質を表すことができます。場所を主語にとって「organised」と形容すれば、その町や国は秩序が保たれていて効率的だという印象を与えます。

きちんと片付けて!Tidy up

きちんと片付けるのが「tidy up」です。「tidy up」の形でよく使われますが、「tidy 」単体でも片付けるという意味があります。

「put away」と違って、目的語には片付ける対象のモノだけでなく、場所を置くこともできます。

The dinner is coming soon. Can you tidy your papers on the table?
(もうすぐ夕食よ。テーブルの上の書類を片付けてくれる?)
Tidy up your room before you leave!
(出かける前に自分の部屋を片付けなさい!)
I’m fed up with asking you to tidy your room.
(自分の部屋を片付けるように小言をいうのにはうんざりしてるのよ)
Mum! Do not tidy up my room without telling me!
(母さん、僕に黙って勝手に部屋を片付けないで!)

二語に分割して書くときの「tidy up」の「tidy」は動詞扱いになります。「tidy-up」とハイフンでつなげると名詞となり、このような表現もよく行われます。

Hey, Mum will come back soon! Let’s do a quick tidy-up now!
(ほら、もうすぐママが返ってくるよ。サクッと片付けしとこう!)
My computer needs a big tidy-up.
(私のコンピューターは思い切って整理整頓する必要がある)

「tidy」は形容詞としても使われ、「きちんとしている」「片付いている」という意味になります。シェアハウスやゲストハウスなどの共有スペースでは、こういう貼り紙があったりしますね。

Keep common areas clean and tidy
(共有エリアを清潔に整頓した状態で保ちましょう)

日本語でよく「食事の後片付けをする」といったりしますが、この場合の「片付け」にぴったりくるのも「tidy up」だと思います。

こちらのホームパーティーでは、食事の後の片づけをみんなでやったりすることがあります。何かごちそうになったときには、少なくとも「片付け手伝うよ」くらいのオファーはしたいですね。

Thank you for cooking, Jane. It was delicious. I will tidy up now.
(ジェーン、料理してくれてありがとう。おいしかったわ。じゃあ、私が片付けするわね)

キレイに片付ける!Clean up

散らかっている状態を「messy(形容詞)」といいますが、散らかり「a mess(可算名詞)」をきれいに片付けるときによく使われるのが「clean up」です。

My mum cleans up the house every Monday.
(私の母は毎週月曜日に家を片付ける)
My mum cleans the house every Monday.
(私の母は毎週月曜日に家を掃除する)

「clean up」も「clean」もあまり変わらない意味で使われます。一応、上の2文では、「片付ける」と「掃除する」という訳を当てています。でも実際のネイティブに与える印象は、二つともあまり相違ないみたいです。

ですので、「片付ける」という意味を強調したいのであれば、「clean up」を使うよりも「tidy up」などを使うほうがいいかもしれませんね。

If you make a mess, you need to clean it up afterwards.
(散らかしすなら、あとで片づけをしなくちゃだめよ)
I’m sick and tired of cleaning up after you have made a mess.
(あんたがむちゃくちゃにしたあとを片付けて回ることにはうんざりしているのよ)

ゲストハウスやシェアハウスなどの共有キッチンには、こういう貼り紙が貼られているかもしれません。

This is a self-cleaning kitchen. Please clean up after yourself.
(ここはセルフクリーニングキッチンです。使った後はきちんと片付けてください)

「clean」はもともと「掃除する」「清潔にする」という意味の動詞です。

Can you clean the table with this cloth, please?
(この布巾でテーブルを掃除してくれる?)

このため、日本語では「片付ける」という意味よりも「掃除する」「後始末する」というシーンでも、「clean up」が使われることも多いです。

Please clean up your breadcrumbs after breakfast.
(朝食の後は、自分のパンくずを掃除してね)
Why do you spill the wine every time? Who is going to clean it up?
(どうしてあなたはいつもワインをこぼすの?だれが後始末するのよ?)

「clean up」はペットの後始末をするという意味でも使われます。

Clean up after your dog.
(犬のフンの後始末をしてください)
You can have a dog, but you will need to clean up the dog’s poo.
(犬を飼ってもいいけど、うんちの後始末をしなくちゃいけないよ)

また、「clean up+mess」という組み合わせは、政治などのシーンで比喩的に使われることもあります。

Who will clean up the mess which the Prime Minister made?
(首相がやらかしたこのハチャメチャを、いったい誰が後始末するんだ?)

あとかたもなく片付けて!Clear (off)

散らかっているものを片付けて何もない状態にする、すっきりさせるという意味で使うことができるのが、動詞clearです。

Clear (off) the table, please. Dinner is ready.
(テーブルの上を片付けて。夕食の用意ができたから)
I will clear off the shelf, and you can organise your books there.
(棚を片付けてきれいにするから、そこに君の本を整頓すればいい)

そこに置かれているものをすべてどけて、場所をクリアにするというニュアンスがあります。

Could you clear your clothes off the sofa?
(ソファーの上の服を片付けてくれる?)

「clear」は交通事故などで飛散した部品や車両を片付けるときにも使われます。

They are clearing the road after the accident.
(彼らは交通事故の後始末をしているところだ)

仕事やタスクを片付ける!Get ~ done

日本語では、仕事やタスクについても「片付ける」といったりしますね。

仕事などを片付ける、つまりやり終えてしまうという場合、英語ではシンプルに「finish(終える)」を使うのが手っ取り早いです。

I need to finish my work.
(仕事を片付けなくちゃ)

そのほかに「片付ける」というニュアンスに近いのが「get ~ done」といういい方です。

I will get my work done.
(仕事を片付けるつもりだ)
I need to get things done.
(やるべきことを片付けなくちゃいけない)

対象となるものは仕事やタスクなど限られます。英語ネイティブがよく使う表現ですので、例文を丸ごと覚えておくだけでも、十分役立つでしょう。

片付けにも使える万能動詞Do

そのほか、やや例外的ですがタスクを片付けるという意味で「do」が使われるケースもあります。

上の例文で「食後の片づけ」には「tidy up」が使えるといいました。この場合の「tidy up」には、テーブルの上の食器を台所に運んだり、お皿を洗ったり、テーブルを拭いたりする作業が含まれます。

個別の作業として「お皿を洗う」と言いたい場合には、ふつう「do the dishes」といいます。日本語では「皿洗い」というので「wash」を使いたくなりますね。「wash the disehes」でも通じないこともありませんが、「do the dishes」の方が自然です。

その他にも、一週間分の洗濯物を「片付ける」と言いたいときは、「do the laundry」あるいは「do the washing」と言います。「片付ける」ものの一つとして覚えておくと便利ですよ。

Do your room at once.
(すぐに部屋を片付けなさい)

話し手と聞き手がお互い何について会話しているのか把握しているという前提で、上のような例文も使えます。

片付けるに関する英語表現と7つの動詞

今回は、「片付ける」という意味で使える英語の動詞7つとその使い方や関連表現について紹介しました。

ひとことに「片付ける」といっても、英語にはさまざまな言い回しがあり、使い方を誤ると違和感を与えてしまいます。「片付ける=○○」と機械的に翻訳暗記するのではなく、臨機応変に使い分けられるようになりたいですね。

この記事が、みなさんの頭の中で「片付ける」に関する英語表現の整理整頓に役立てば、とてもうれしいです。

 

In a minuteは「すぐに」それとも「あとで」?LaterやSoonとの違いと使い分け
Would you like some coffee?(コーヒー飲む?)と聞かれて「うーん、あとで」と言いたいとき、なんという答えを返すでしょうか。 「後で=Later」と記憶している学習者は私だけではないと思います。でも、こういうケ...
Maybe, Perhaps, Probablyの違いと使い方
日本人は「Maybe」という単語が好きらしく、よく使うといわれます。私もよく使います。きっと物事を断言することをあまり好まない国民性なのかもしれないですね。 ところで、Maybe「多分」という意味の英語は他にもあって、「Perhaps...
「イライラする」は英語でどういう?ネイティブがよく使う英語表現10選とその使い方
「イライラする」を英語でいうとき、AnnoyやIrritateといった代表的な動詞以外にも「イライラ」を表現する英語フレーズはたくさんあります。また、何に対してイライラしているのか、その対象や理由も英語で表現できるようになりたいですよね。「...

 

コメント