【PR】50言語61か国に対応!通訳デバイスPOCKETALK(ポケトーク)
語学マニアの電子書籍発売中!

アマゾンキンドルから電子書籍を販売しています。お手持ちのデバイスにダウンロードして、気になるフレーズを持ち歩きたいという人に!

書籍紹介ページはコチラ

Would’ve done/Would have doneの使い方 英語日常会話で仮定法過去完了を使いこなす!

Would've done/Would have doneの使い方 英語
Would've done/Would have doneの使い方

仮定法過去完了というと、高校英語で習う英文法です。ちょっと難しそう、というイメージを持っている人も多いと思いますが、英語ネイティブは意外とよく日常会話で使っています。

しかもサラッと使われて聞き取りにくかったりするので、「あれ?今のってWould’ve done(Would have done)って言ったよね?」と聞き返したくなるくらいです。

日本人の英語学習者は難しく考えがちな仮定法過去完了ですが、日常会話で使えるようになるとぐっと表現の幅が広がります。使いこなすコツはちょっとしたこと。

そこで、英語ネイティブ並みに仮定法過去完了を使いこなそう!というシリーズでお届けしたいと思います。今回はまず、仮定法過去完了の主節部分、「would’ve done(would have done)」の使い方に集中してお話ししましょう。

スポンサーリンク

仮定法過去完了の構造

仮定法過去完了というと英語上級者の文法というイメージがありますが、そんなことはありません。英語ネイティブは日常的に頻繁に使っています。

文法的に少し復習をしておくと、仮定法過去完了のフォーミュラはこちら。

If had done(動詞過去完了形) ~, S(主語) would have done(動詞過去完了形) ~.

ちょっと文法的な話になりますが、苦手な方ももう少しだけお付き合いください。

この構文では、Ifで始まる部分を「従属節」、もう片方の部分を「主節」と呼びます。この文の中でどっちが大切かというと、どちらかというと「主節」の方が重要な部分になります。ですから、「主節」と呼ぶわけですが。

とにかく、仮定法過去完了では、主節の動詞は助動詞+have done(動詞過去完了形)という形になります。ここで使われる助動詞は、would以外にもたくさんありまして、これはこのシリーズの中で一つずつ紹介していきます。

仮定法過去完了Would have doneが聞き取りにくい理由

英語ネイティブと会話していると、この「would have done」がなんの前触れもなしに会話に登場することがあります。仮定法過去完了では「主節」の方が大切だと言いましたが、従属節(ifで始まる部分)をいわずに主節だけを使うこともしょっちゅうなんです。

そのため、いきなり「would have done」が出てきても、右から左にスルーしてしまったりするのですね。後から「あれ、今のってもしかして仮定法過去完了だった?」なんてこともよくあります(そもそも気づかないことが多い)。

さらに、この「would have done」はwouldとhaveがくっついて「would’ve done」というふうに発音されることも多いです。これで余計に聞き取りにくくなるわけです。

それを克服するには、やはりできるだけたくさんの例文に触れることが効果的です。今回は「would have done」を使った例文を紹介しますので、気に入った文から暗記してみてください。

仮定法過去完了を使いこなすコツをもう一つ。とりあえず、主節を会話の中で使えるようになることを目指します。枝葉の従属節は今回は置いておいて、まずは主節を使いこなせるようになりましょう!

シンプルでニュートラルなWould have done

そもそも助動詞というのは、動詞とともに用いられて、さまざまなムードを伝えてくれるものです。仮定法過去完了に使われる助動詞の中で、おそらくもっともシンプルでニュートラルなのが「would」だと思います。それで、このシリーズでも一番に紹介しています。

wouldといえば「will」の過去形ですね。「will」は未来や意思などを表す助動詞です。

仮定法過去完了に使われる助動詞には、「would」の他に推量や可能性のムードを含むものもあります。それに比較して、一番ニュートラルなのが「would」です。

過去に起きなかったことを述べるWould have done

仮定法過去完了における「would have done」は、過去に起きなかったことを述べることができます。実際には起きなかったことだが「~なっていただろう」「~だっただろう」という仮定の話をするときに使います。

一方、過去ではなく現在に起きていないことを述べる場合は、仮定法過去を用います。これは後で比較して説明します。

では、「would have done」を使った例文を紹介します。

本来なら、ifで始まる従属節「もし~だったら」を伴うべき仮定法過去完了ですが、会話文では以下のように主節(would have doneを含む部分)だけを使うことも多いのです。その場合、お互いに「もし~だったら」の部分を把握していることが前提となります。

We didn’t have enough time, unfortunately. It would have been nice to look around more, but…
(残念ながら、十分な時間がなかったんだ。もうちょっといろいろ見て回れたら良かっただろうけど…)

この例文では「もし、十分な時間があったら(もっと見て回れただろう)」という部分が省略されています。そこまでの会話で、話し手と聞き手がともにその意味を把握しているので、これだけで話が成立します。

Luckily, he left the bar before the fighting, otherwise he would have been involved.
(運よく、彼はけんかの前にバーを出ていたんだ。さもなくば、彼も巻き込まれていただろう)

「Otherwise」は便利な単語で「さもなくば」という意味になります。「Otherwise」さえ使っておけば、if節をいわなくていいので、仮定法初心者には非常にありがたい英単語です!

You didn’t know about the party last Friday? — No, I didn’t. I would definitely have gone otherwise!
(先週金曜日のパーティのこと知らなかったの?――知らないよ。さもなくば、絶対行ってたよ!)
In the end, I decided to resign. People say that I would have been promoted, but I think there are more important things than work.
(結局、辞めることにしたよ。周りのみんなは昇進できただろうに、というけど、仕事よりももっと大切なことがあると思うんだ)

この場合は、「もし仕事を辞めていなかったら」というif節が省略されています。

I’m very happy to be able to come back before the lockdown. It would have been a nightmare otherwise.
(ロックダウンの前に帰ってこれてとてもうれしいよ。さもなくば、悪夢だっただろうからね)
It is a shame that I stopped taking English lessons when I was a child. I would have been able to speak English much better, don’t you think? — Well, it could have been the same. Who knows?
(子どもの頃、英語のレッスンをやめてしまったのは残念だったな。もっとペラペラになっていたかもしれないでしょ。そう思わない?――うーん、どうかな。あまり変わんなかったかもね)
今回は「would have done」に集中してお話ししていますが、このあとで紹介する「could have done」をさりげなく使ってみました。「could have done」については、このシリーズの次回で詳しく取り上げます。
We flew from Bangkok to Saigon. — Didn’t you know there is a bus travelling that route? It would have taken a bit more time, but it would’ve cost much less.
(バンコクからサイゴンまで飛行機で飛んだんだ。――バスもあるはずだけど、知らなかった?時間はかかっただろうけど、ずっと安くついたはずだよ)

この例文では、「もしバスで移動していたなら」というif節が省略されています。

In that case, she wouldn’t have got upset so much.
(その場合、彼女をそこまで怒らせることはなかっただろう)

「in that case」は「その場合」という意味ですが、これも便利な表現。ifで始まる仮定の部分を、このフレーズで置き換えることができます。

Do you think I was stupid to have broken up with him? — Well, I don’t know, but I wouldn’t have done. He is such a nice guy.
(彼と別れたのはバカだったと思う?――さあね。でも私なら別れないよ。あんなに素敵な人だもの)

ここでは、「もし私があなただったら」という仮定の部分が隠されています。

wouldの現在形「will」には「意思」の意味がありますが、「I would (not) have done ~」というだけで「私だったら~したのに」という表現することもできるんですね。これも、便利で使いやすいフレーズです。ぜひ使ってみてください。

But, would you have forgiven your unfaithful boyfriend?
(でも、<あなたが私なら>浮気な恋人を許した?)

「would have done」を使った疑問文です。ここでも「もしあなたが私だったら」という仮定節が隠されています。

Would have doneの発音のコツ

「would have done」って発音しにくいですよね。ただ、実際の会話文では、「would」や「have」のようなパーツは、文の中では重要な部分ではありません。そのため、通常、この部分が文のイントネーションやアクセントとして強調されることはあまりありません。

It would have taken a bit more time, but it would’ve cost much less.

例えば上の例文の場合、「would」や「have」よりも、takenやmore time、cost、lessなどの単語の方が強く発音されます。「would」や「have」あるいは「would’ve」といった部分はサラッと発音するだけでよいわけです。

ただし、

I wouldn’t have broken up with him.

というふうな、「もし私だったら~」という文では、「I」と「would(あるいはwouldn’t)」がやや強く発音されることがあります。

また、「would’ve」は「would have」を短縮した形ですが、「d(ドゥ)」のあとにすぐ「’ve(ヴ)」が来ていて、子音が重なるので少し発音しにくいと感じるかもしれません。でも、これも「d(ドゥ)」を発音した後に軽く下唇を噛むだけ、と覚えておけば、すんなりと発音できるでしょう。

大切なのは「would’ve」の後につづく、動詞の過去完了の方です。ですので、動詞過去完了に向かって一気に発音するというくらいのつもりで、思い切って口に出してみましょう。「would’ve」が上手く発音できなくても、そのあとの動詞完了形を聞き取ってもらえれば、ネイティブには伝わるはずです。

Would have doneとWould+動詞

最後に、仮定法過去完了と仮定法過去の違いについて整理しておきましょう。同じように「would」を使った主節だけで考えます。

  • would have done:過去に起こらなかったこと(仮定法過去完了)
  • would+動詞:現在に起こっていないこと(仮定法過去)

二つの違いは、wouldの後に動詞の原形が来るか、それともhave done(動詞の過去完了)が来るかということです。

過去に起こらなかった出来事について話すときは「would have done」の形を、現在に起こっていない出来事について話すときは「would+動詞原形」の形にします。

話題にしていることが「過去」のことについて言っているのか、それとも「現在」のことについて言っているのかに着目すれば、どちらを使うべきかがおのずとわかってきます。

She would have got angry otherwise.
(さもなくば、彼女は激怒しただろう)
She would still be angry otherwise.
(さもなくば、彼女は今でも怒っているだろう)

ここではわかりやすいように「still」を入れてみました。

「もしも~だったら」の部分が過去であれ、現在であれ、話し手が「過去」の彼女の状態を言っているのか、それとも「現在」の彼女の状態を言いたいのかによって使い分けます。

It was good that you didn’t tell her about that. Otherwise, she would have got mad. She would still be angry now even.
(君が彼女にそれを言わなくてよかったよ。さもないと、彼女は激怒しただろうし、今でもまだ怒っているだろう)

会話文では、このように両方の要素が入ってくることもあります。これが使いこなせるようになれば、仮定法にもかなりこなれてきたといっていいかもしれませんね。

It was the right decision to come back to Japan earlier. Otherwise, it would have been much more stressful and I would still be self-isolating now.
(日本に早めに帰ってきたのは正しい選択だったよ。さもないと、はるかにストレスの多いことだっただろうし、今でもなお自己隔離中だっただろう)

もちろん、単体で「would+動詞の原形」を使うこともあります。「もし~」の部分が過去の事象に対する仮定でも、主節で現在のことを述べる場合には「would+動詞の原形」を使います。

He died young, didn’t he? — Yes, he did. It is a shame because he would be one of the most popular singers in the world otherwise.
(彼は若くして死んだんだよね。――そうだね。残念だよね。さもなくば、今頃は世界の有名な歌手の一人になっていただろうから)

Would have doneで会話表現が広がる!

仮定法過去完了の主節「would have done」を単体で(主節だけで)使う方法について紹介しました。相手との会話の中で、お互い「もし~」の部分が分かっている、あるいは予測できるときには、どんどん積極的に使ってみましょう。

「would have done」が使えるようになるだけで、会話表現がぐっと広がります。「would have done」の短縮形「would’ve done」を使うのもおすすめです。

これが口について使えるようになれば、もっと他の仮定法も使ってみたくなること間違いありません! ぜひ、挑戦してみてください。

 

Shouldを使って後悔を表す英語表現 Should've (should have) doneの使い方
人生はいろいろなことがあるので、後悔したくないと思っていても後悔してしまう瞬間があります。そんなとき、英語で後悔の念を表す方法として「should have +動詞過去完了」を使うことができます。 今から思えばあの時、こうするべきだっ...
Stay homeは英語文法的に間違い?Stay at homeとの違い
小池都知事からのアナウンスで、2020年のゴールデンウィークに関して「STAY HOME週間」宣言がありました。 新型コロナウイルスの流行以来、「STAY HOME」は、英語圏では至る所で見たり聞いたりするフレーズで、それがやっと日本...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英語
スポンサーリンク
おすすめアプリ!トーキングマラソン

英語学習アプリ「トーキングマラソン」を使ってみました。リアルな英会話が2週間無料でお試し練習できます。

解約方法も含めて、本音のレビューをまとめています。

英会話初心者におすすめ!

語学マニア.com

コメント