【PR】50言語61か国に対応!通訳デバイスPOCKETALK(ポケトーク)
語学マニアの電子書籍発売中!

アマゾンキンドルから電子書籍を販売しています。お手持ちのデバイスにダウンロードして、気になるフレーズを持ち歩きたいという人に!

書籍紹介ページはコチラ

In a minuteは「すぐに」それとも「あとで」?LaterやSoonとの違いと使い分け

In a minuteは「すぐに」それとも「あとで」?LaterやSoonとの違いと使い分け 英語
In a minuteは「すぐに」それとも「あとで」?LaterやSoonとの違いと使い分け

Would you like some coffee?(コーヒー飲む?)と聞かれて「うーん、あとで」と言いたいとき、なんという答えを返すでしょうか。

「後で=Later」と記憶している学習者は私だけではないと思います。でも、こういうケースでは「今すぐじゃなくて後でもらうよ」というニュアンスで「in a minute」という答えが返ってくることもあります。

「in a minute」は「すぐに」という意味として紹介されていますが、こういう場面では日本語の「あとで」に当てはまるんですね。ちょっとおもしろいと思ったので、「in a minute」の使い方、そして「Soon」や「Later」との微妙な違いについてまとめてみました。

スポンサーリンク

「今すぐRight nowじゃなくて後で」意味で使われるIn a minute

「in a minute」は直訳すると「1分以内に」という意味になりますが、そこから転じて「すぐに」という意味で使われます。でも、場面によっては日本語としては「ちょっとあとで」と訳する方がしっくりくる場合があります。

Would you like some coffee?
(コーヒー飲む?)

と誰かに聞かれたとしますね。相手は単にあなたがコーヒーを飲みたいと思っているかどうか聞いているだけでなく、コーヒーを入れてあげようか?という意味で質問しています。

もし、コーヒーを飲みたいのであれば、

Yes, please. Thank you.
(ええ、お願いします。ありがとう)

と素直に返せばいいですね。でも、今は特別飲みたくない、あるいは忙しいから話しかけないでほしい、というようなシーンだった場合は、なんといって返せばいいでしょうか。

日本語だと「うん、ちょっとあとで」とかなんとか言って返すと思います。だから、英語でも

I’ll have some later, thanks.
(後で、もらうよ。ありがとう)

というのはOKです。でも、実際のネイティブとの会話ではこんな答えも返ってくるかもしれません。

I’ll have some in a minute, thanks.
(ちょっと後でもらうよ。ありがとう)

この場合の「in a minute」は「すぐに」ではなくて、「(今すぐではなく)ちょっとあとで」というニュアンスで使われているのです。

「すぐに」という意味での「in a minute」の類義語として、「soon」という単語がありますね。むしろ「soon」の方が日本語の「すぐに」に対応して先に思い出す単語かもしれません。

しかし、このケースで「soon」を使ってしまうと、ややヘンな文になってしまいます。

文尾の「(?)」は文法的に間違っているわけではないか、やや違和感のある言い回しを示しています。
I’ll have some soon, thanks. (?)

これでも意味は通じますが少し違和感を感じる言い方なので、先の例文のように「in a minute」を使うほうが自然です。

どうして、ここでSoonを使うのがへんなのか、ちょっとくどくなりますが、説明しておくとこんな感じでしょうか。

この会話の中では「今現在ではなく少し後で」という意味の言葉を返したいのです。そのため「すぐに」「まもなく」を意味するSoonでは、意味あいとして違和感を与えてしまうのです。一方、「in a minute」であれば、「今すぐではなく少し(1分ほど)後で」という意味で使えますので、しっくりくるのです。

In a minute、Soon、Laterの使い分け

In a minute、Soon、Laterは3つとも「今現在ではなく」少し時間が経った後を示しているという点では共通しています。ただし、Laterは他の2つに比べて、さらに遅い時間を示唆しています。

In a minute、Soonの2つについては「すぐに」という訳が当てはまるように、比較的「短い時間以内に」という意味になります。でも、状況によっては、「Soon」を使ってしまうとちょっと違和感を感じさせるシーンもあるのです。

別の例を挙げてみましょう。

あなたの同僚がプロジェクトについてミーティングをしたいと言ってきました。

Hey, I have something to discuss with you about our project. Do you have time?
(ねえ、ちょっとプロジェクトについて話し合いたいことがあるんだけど。時間ある?)

すぐに時間がとれるなら、In a minuteかSoonを使って以下のように答えられそうですよね。

〇 Sure, I will see you in the meeting room in a minute.
△ Sure, I will see you in the meeting room soon. (?)
(いいよ、じゃあこのあとすぐにミーティングルームで)

二つの文はどちらも文法的に間違っていませんし、意味も理解できます。でも、どちらかというと上の文(In a minute)の方が自然に聞こえます。

逆に、Laterはこの文には合いません。

✕ Sure, I will see you in the meeting room later.

これは「Sure(いいよ)」と答えておいて「あとで」と続けるのが不自然だからです。相手は「時間ある?」と聞いていて、すぐにミーティングをしたがっているのに「Sure(いいよ)」といってから「あとでね」と返すのはちょっとヘンですよね。

Laterと返答したいという時点で、「時間ある?」には「No」という答えになるからです。

「Laterあとで」と言いたいときには、次のような答えならナチュラルです。

O.K. Can we talk later?
(いいよ。後でもいいかな?)
O.K., but I don’t have time today. Can we talk tomorrow?
(OK、でも今は時間ないから明日でもいい?)

In a minute、Soon、LaterどれでもOKなケース

Laterと他の二つとの違いとして、かかる時間の差があります。例えば次のケース。

仕事帰りの同僚に、飲みに誘われたとします。

We are going to have a drink. Do you want to come with us?
(飲みに行くんだけど、いっしょに来る?)

まだ仕事が残っているあなたは、「すぐに追いつくよ」あるいは「あと少ししたら追いつくよ」という返答をします。

〇 Sure, I’ll catch up with you soon!
〇 Sure, I’ll catch up with you in a minute!
(もちろん!すぐに追いつくよ)

上記二つは時間の「すぐ」さ加減がほぼ等しく、まさにすぐ、出来るだけ早く「追っかけるよ」というニュアンスが感じられます。

一方、少し時間がかかりそうなときは、以下のように言うこともできます。

〇 Sure, I’ll catch up with you later!
(もちろん!あとで追っかけるよ!)

先の二つの文に比べると、少し時間が遅くなることを示唆しています。でも、3つとも文法的に間違っていませんし、会話の返答としてもとても自然です。

「すぐに」だけじゃなく「ちょっとあとでね」のIn a minute

今回は、会話文の中でよく使われる「In a minute」について紹介しました。

「すぐに」と訳されることが多く、辞書でもそう説明されていますが、上のような状況ではむしろ「すぐに」「ちょっとあとで」という解釈の方がぴったりくるように思いますね。

「あとで」と返答したいときでも、実際には「Later」じゃなく「In a minute」と返す方が相手にとっては気持ちよく聞こえることもあります。英語ネイティブとの会話の中で、もっと「In a minute」を活用してみましょう!

 

「いただきます」「ごちそうさま」って英語でなんて言うの?
日本人はご飯を食べ始めるときに「いただきます」といい、食べ終わったら感謝の意味も込めて「ごちそうさま」といいますよね。こういう表現を英語にするときは何といえばいいのでしょうか。 そもそも英語ネイティブは「いただきます」「ごちそうさま」...
I don't mind と I don't care の意味と違い-使い方を間違えるとけっこう大変!
I don't mind と I don't careの意味は、どちらも「どっちでもいい」「どちらでも構わない」と訳すことができます。でも、2つの表現には、ニュアンスの違いがあり、使い方を間違えると相手に誤解を与えてしまうこともあります。 ...
used toの使い方とbe used toとの違い-今昔の変化をスマートに表現する方法
英語の「used to+動詞の原形」は学校の英文法でも習う基礎の一つですが、英語の時制の中でもおもしろい表現です。 英語ネイティブの日常会話でも頻繁に登場する「使える表現」なので、ぜひ使いこなしたいものですね。 似たようなフレー...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英語
スポンサーリンク
おすすめアプリ!トーキングマラソン

英語学習アプリ「トーキングマラソン」を使ってみました。リアルな英会話が2週間無料でお試し練習できます。

解約方法も含めて、本音のレビューをまとめています。

英会話初心者におすすめ!

語学マニア.com

コメント