こする、なでるの英語表現 rub, scrub, strokeの違いと使い分け

こする、なでるの英語表現 rub, scrub, strokeの違いと使い分け

「こする」「なでる」と言いたいとき、英語ではどのように表現すればいいのでしょうか。

辞書などで調べると、rub、scrub、stroke、scratch、scrapeなどが出てきますが、なんとなく似ているようだったり、微妙な違いがあります。

これらの単語をまとめてみました。

scrubは「ゴシゴシこする」

I scrubbed it, but I couldn’t remove the coffee stain

この中で、日本語でもなんとなく聞いたことがあるのが「scrub(スクラブ)」かもしれません。最近は、入浴品コーナーに行くと、バススクラブとか、ソルトスクラブというカテゴリーで商品が販売されています。

ここで話題にしている「scrub(スクラブ)」は動詞で、「ゴシゴシ擦る」「ゴシゴシ擦って洗う」という意味になります。

You have to scrub the stain off of your shirt.
(シャツのシミを落とすためには、ゴシゴシこすらなくちゃダメよ)

I scrubbed it, but I couldn’t remove the coffee stain.
(ゴシゴシ擦ったけど、コーヒーのシミが取れなかった)

rubは「こする」

You rub the lamp to let the genie out.

スクラブのつづりの中に含まれている「rub」は、それだけでも動詞となって働き、「こする」「摩擦する」という意味になります。

scrubとは異なり、「ゴシゴシ」と力を入れて擦るというニュアンスはありません。

You rub the lamp to let the genie out.
(魔法のランプをこすって魔人を呼び出す)

rubは、化粧品や医薬品のクリームをお肌になじませるときにもつかいます。

You need to rub the cream into your skin.
(お肌をこすってクリームをなじませなくてはいけません)

strokeは「なでる」

strokeは「なでる」

大切な人やペットをやさしくなでるときに使うのが、strokeです。恋人をなでたりさすったりするときにもstrokeを使います。

she stroked her baby.
(彼女は赤ちゃんをなでた)

また、このstrokeは、上の二つの動詞と違って、主に一方向に向かってなでることを表現ししています。ちなみに、漢字の画数を表すときにもこのstrokeを使います。

Traditional Chinese characters have more strokes than Simplified ones.
(中国語の繁体文字は簡体字よりも画数が多い)

力の入れ具合によって使い分ける3つの動詞

scrub-スクラブ

rub, scrub, strokeを比較してみました。まとめると、加える力が強い→弱いと順に、scrub>rub>strokeとなるようです。また、rubとscrubは双方向、strokeは一方向という違いもあります。

たとえ対象者が同じ恋人でも、背中をこすって洗ってあげるならscrub、クリームを塗ってあげるならrub、やさしく愛撫するならstrokeしてあげてください。

この記事を読んだ方には、こちらの記事もおすすめです。
スカイスクレイパーのスクレイパー(Scraper)の意味は?ScrapeとScratchとの違い

  

語学マニアの記事更新通知をメールで受け取る方法

当ブログの最近記事をメールで受信できます。 ご希望の方は以下のフォームからメールアドレスをご記入の上、送信してください。 メルマガでは、語学学習のコツなどもスポット的に配信しています。 登録無料、解除も自由に行えますので、気軽にお申し込みください。

英語カテゴリの最新記事