make senseの意味と使い方-ネイティブ日常会話頻出フレーズ

make senseの意味と使い方 英語

英語ネイティブが非常によく使う表現「make sense」は、知らないと意外と戸惑う表現でもあります。日常会話でよく出てくるし、使いやすい便利な表現でもあるので、ぜひ、その意味と使い方をマスターしてしまいましょう。

スポンサーリンク

「make sense」の意味

make senseの意味と使い方

「make sense」のメインの意味は、「意味をなす」になります。意訳して「筋が通っている」「理論的だ」「理解できる」という風に覚えておくと使いやすいでしょう。

例えば、

I don’t want to drink too much tonight because I need to get up early to go to work tomorrow morning.
(明日は仕事で朝早いから、今夜はあまり飲みたくないんだ)

That makes sense.
(わかるよ。→理にかなってるね)

また、英会話レッスンでは、先生が単語の意味を説明した後に、こう尋ねるかもしれません。

Does it make sense (to you)?
(わかる?)

これは、「私の説明で分かった?理解できた」と尋ねているわけです。日本人の場合、理解する=understandを連想しがちですが、「make sense」を使うほうがカジュアルな表現になります。

ですので、先生の説明で分かった時には、「It makes sense, thank you」と返せばOKです。

ちなみに、It makes sense.を強調して

It does make sense.

といったりします。「すごくよく分かった」とか、相手の意見に自分も「まったく同感」という立場を表したいときにも使えます。

It doesn’t make sense.もよく使う

make senseの意味と使い方

「make sense」は否定形も非常によく使われます。「筋が通ってない」「意味が分からない」「納得できない」という意味で使えます。

He said that I have to pay extra money which doesn’t make any sense at all.
(彼が言うには、さらに追加料金を払わなくてはいけないらしい。まったく意味が分からん!)

不平や不満、苦情を表現したいときにも使えます。

また、「意味をなす」という意味での否定形として、このように使うこともあります。

That is a lyric which doesn’t make much sense.
(それは歌の歌詞で、あまり筋は通ってないの)

だから、意味が分からなくても気にしなくていいのよ、と続けることことができます。

「it」以外の主語

make senseの意味と使い方

このフレーズは「it」以外のものが主語になることもあります。例えば

He doesn’t make much sense.
(彼の言っていることはあまり意味がない)

前に誰かが言ったコメントに対して、

That makes sense.
(確かに)

コメントの内容を「that」で受けて、このように同意を表現できます。

カジュアルに「make sense」を使いこなそう!

「understand」よりもカジュアルに使える「make sense」の意味と使い方でした。日常会話でサクッと使えるので、とても便利です。ぜひ、覚えて実際の会話で使ってみてください。
  

コメント