Shouldを使って後悔を表す英語表現

Shouldを使って後悔を表す英語表現

人生はいろいろなことがあるので、後悔したくないと思っていても後悔してしまう瞬間があります。そんなとき、英語で後悔の念を表す方法として「should have +動詞過去完了」を使うことができます。

今から思えばあの時、こうするべきだった、そうしない方がよかった…、と言いたいときの英語表現を覚えましょう。

後悔を表すshould have +動詞過去完了

後悔、悲しい表現

shouldは「~すべきだ」という助動詞ですが、過去のことについて「~すべきだったのに」という場合は、過去完了形を使います。

過去完了形を使わずに言ってもネイティブには通じますが、文法的には正しくありませんので、ここはきちんとマスターしておきたいですね。

「~すべきだったのに」という時は、何かするべきことをしなかった、もしくはするべきでなかったことをしなかったという意味になります。つまり、その事象は実現しなかったことを表します。

後悔を表すshould have +動詞過去完了の例文

後悔、悲しい表現

できれば後悔しないで生きたいものですが、現実はなかなかそう思い通りには運びませんよね。should have +動詞過去完了を使って表す後悔の例文です。

年を取ってから学生時代に勉強しなかったことを悔やむ人は、私だけではないと思います。

I should have worked harder when I was in college.
(学生時代にもっと勉強しとけばよかった…)

次はちょっと悲しい後悔。

I should have been nicer to my grandma when she was alive.
(おばあちゃんが生きているうちに、もっとやさしくしてあげればよかった…)

別れてしまったカップルについては、

He should have taken her words more seriously.
(彼は彼女の言ったことをもっとちゃんと聞いてあげるべきだったのよ。)

笑っちゃいけないところで、つい吹き出してしまったら、

Sorry, I shouldn’t have laughed.
(ごめん!笑うべきじゃなかったわ)

パスポートを忘れてしまったことに空港で気づいたパートナーに向かって、

You should have checked if you had your passport when we left.
(出かけるときに、パスポート持っているかどうか、ちゃんとチェックするべきだったのよ)

未来のことを表すshould have +動詞過去完了も

キッチンリフォーム

ただし、注意したいのは同じ「should have +動詞過去完了」の構文でも、未来のある時点において完了しているべきことを述べているケースもあるということです。例えば、

They should have finished fixing the kitchen before tomorrow.
(キッチン修理は明日までに終わるはずだ)

という例文は、過去のことを言っているのではなく、未来のことについて述べています。

日常的に使えるshould have +動詞過去完了

二日酔い

この表現、重い後悔もちょっとした失敗も、簡単に言い表すことができるので、ぜひ、日常的に使ってみてください。もっともできれば後悔のない人生を歩むほうがいいですけどね。

かくいう私も、週末や休み明けに二日酔い(have a hangover)で目覚めることも多く、そんなときには、

I should have not drunk that much last night….
(昨夜、あんなに飲まなきゃよかった…)

と、つぶやいてしまいます。

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

語学マニアの記事更新通知をメールで受け取る方法

当ブログの最近記事をメールで受信できます。 ご希望の方は以下のフォームからメールアドレスをご記入の上、送信してください。 メルマガでは、語学学習のコツなどもスポット的に配信しています。 登録無料、解除も自由に行えますので、気軽にお申し込みください。

英語カテゴリの最新記事