スポンサーリンク

「What?」はNG! ネイティブとの英会話で失礼にならない聞き返し方

英語のリスニングが苦手という人はたくさんいます。リスニング力が足らないと、相手の言っていることが理解できないので、ネイティブとの会話が成立しません。当然、聞き返すことも多くなりがちです。日本人感覚で「What?(何?)」と聞き返す人がいますが、実はその聞き返し方はたいへん失礼なんです。では、どのような言い方が失礼にならないのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




日本人は英語のリスニングが苦手

英語リスニングができない、聞き返す
日本人には、英語のリスニングが苦手という人が多いです。でも、私たちは英語のネイティブではありませんので、英語が聞き取れなかったら、どんどん聞き返しましょう。聞き返すこと自体は、失礼でもなんでもありません。

聞き返すときに使えるフレーズは、

Can you say it, again, please?
もう一度言ってもらえますか?

がシンプルで覚えやすいと思います。文末に必ず「please」を付けましょう。つけないと、失礼な感じに聞こえることがあります。

あるいは、シンプルに「Sorry?」だけでも、聞き取れなったことが相手に分かります。この時「What?」と言ってしまうと、これはたいへん失礼に聞こえるのでNGです。

英語のリスニング力が足らないと、相手の言っている内容が分からないので、ネイティブとの会話も成立しなくなります。日本人の場合、語彙の知識はある...

何度聞いても分からない時は

英語リスニング苦手、失礼にならない聞き返し方
リスニングできなければ、聞き返せばいいとしても、もう一度言ってくれたフレーズも理解できないことがあります。そんな時、あまり、何回も聞き返すのは、ちょっとためらわれますよね。そんな時は、

Sorry, I did,’t understand very well. Could you say it, again, slowly, please?
すみません、よくわからなかったので、もう一度ゆっくり言ってもらえますか?

Sorry, my English is not very good, I didn’t understand. Can you explain more, please?
すみません、私は英語があまりうまくないので、よくわかりませんでした。もうちょっと説明してもらえますか?

などと、バリエーションを付けて言ってみましょう。この時にも「please」を忘れないでくださいね。

「please」は大切なフレーズ

英語Please
英語のネイティブは、「please」をよく使います。日本語に訳すと「お願いします」となりますが、ネイティブによっては、日本人の「お願いします」よりも頻繁に使っているように思えます。

簡単なフレーズでも、「please」がないと、とても横柄に聞こえたりすることもあります。人に何か頼むときには必ず「please」を付ける癖を付けましょう。

Facebookでシェア!
この記事をお届けした
語学マニア.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク