スポンサーリンク

【PR記事】ヒアリングマラソンで会話力は身につくか

ヒアリングマラソンというのは、1000時間英語を聞きましょうというのがコンセプトの通信講座です。基本的な取り組み方は、「隙間時間を見つけて英語を聞く」という学習方法になります。英語学習の目的のひとつに会話力を上達させたいという人は多いと思いますが、ヒアリングマラソンで会話力がつくかどうか、検証してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ヒアリングマラソンは会話力を育てる

ヒアリングマラソンは英会話力を育てるか

ヒアリングマラソンは、英語を1日3時間聞くことを目的として構成されています。その基本的姿勢は「聞く」ということですので、会話力の育成とは一見かかわりがないように思えるかもしれません。

しかし、聞くことは、外国語習得においての基礎であり、会話力および、すべての総合的な父からの基本となるスキルだと思います。

結論から言わせてもらえば、ヒアリングマラソンを受講することで会話力を伸ばすことができます。その具体的な理由は次のようなことです。

  • 実用的なボキャブラリーが構築できる
  • 表現力、プレゼンテーション力が伸びる
  • 他の英語教材にはあまりにない、フレッシュなトピックに対応している
  • とにかく英語に触れる時間が増える
  • 実用的なボキャブラリーが構築できる

    ヒアリングマラソンでボキャブラリを増やす

    ヒアリングマラソンの構成は、毎月2冊送られてくる教材です。ひとつは通信講座発信もとの出版社アルクの月刊誌「English Journal」で、もうひとつは、ヒアリングマラソン専用の教材「マンスリーテキスト」です。

    この二つの教材は、毎月作られています。現代のまさに今を生きる英語ネイティブが話している英語を聞くことができるのです。

    つまり、実践的で実用的な英語が、毎月手元に送られてくるということなのです。教材は、実際海外で放送されたテレビドラマや映画、インタビューなどを元に構成されているので、そのまま使ってすぐに応用が利く表現ばかりです。

    しかも、いろいろな国籍の人が話す英語にも対応しているため、日本にいながら、世界中の英語アクセントに触れることができます。

    ボキャブラリーは英会話だけでなく、英語の総合力として中級・上級レベルになっても、インプットを続けなくてはいけません。

    ヒアリングマラソンなら、会話や実際の生活に根ざした教材が送られてくるので、「実際の会話の場面で使う価値のないボキャブラリー」をムダに暗記することがありません。

    表現力、プレゼンテーション力が伸びる

    ヒアリングマラソンはプレゼンテーション力が上達する

    ヒアリングマラソンで使われる教材の多くに、インタビューやスピーチが含まれています。企業のトップから俳優、政治家まで、登場する人物も多彩です。

    これらの教材で英語を学ぶうちに、自然と「人に印象付ける話し方」や「人に分かりやすく説明するプレゼンテーション力」、「人を動かす表現力」が身につきます。しかも、英語でです。

    英語を学んでいる人の中には、海外で外国人部下を指導する立場に立つ人もいるでしょう。また、海外でビジネスを展開するにあたっては、英語でのプレゼンテーション力はとても重要視されます。

    この意味でも、ヒアリングマラソンは優れているといえるのではないでしょうか。ヒアリングマラソンで身に着けた英語表現をそのまま発信することで、自然な英語表現力が発揮できます。

    他の英語教材にはあまりにない、フレッシュなトピックに対応している

    ヒアリングマラソンは新鮮な話題を提供

    先ほども少し触れましたが、ヒアリングマラソンのテキストは二つとも、毎月編集されています。

    英語に限らず、言葉は時代とともに変化します。時期によってホットな話題も変わります。

    ヒアリングマラソンを続けることで、いつも新鮮で話題のトピックに触れることができるのです。これは他の英語教材にはない、大きなメリットです。

    ネイティブの会話では、現在進行中のホットな話題について、ボキャブラリが豊富なことは大きな戦力になります。

    もちろん、今の時代ネットから流行の話題について情報を集めることもできます。しかし、ヒアリングマラソンは、それが自動的に自宅に運ばれてくることが魅力です。しかも、丁寧な日本語スクリプトもついてきます。

    とにかく英語に触れる時間が増える

    1000時間どっぷり英語につかるヒアリングマラソン

    日本に住んでいると、意識していても、英語に触れる機会はあまり多くありません。ヒアリングマラソンのコンセプトは、1000時間英語を聞くということです。1000時間というのはひとつの目安に過ぎませんが、具体的な数字として目標があるだけで、人は意識して英語に触れようとするものです。

    英語を聞きさえすれば会話力が伸びるというものではありません。しかし、英語に触れる時間が短ければ、決して英語力は上達しません。

    1000時間英語のシャワーを浴びるということは、それを達成するだけでも自信になります。突然英語ネイティブと会話する機会があっても、自信があれば堂々と接することができます。

    そもそも、英語を多く聞いて、聞き取れるようにならなければ英会話は成立しませんよね。

    会話力を上げるためにもおすすめ!

    一人でがんばろうとすると続かない

    ヒアリングマラソンは、アルク社のロングセラーでもあり、たいへん優れた通信講座だと思います。

    最近は、改良が進んで、いろいろなレベルに合わせてコースが選べるようになりました。英語の初心者から中級・上級者まで、すべてのレベルの人におすすめの通信講座です。

    アルクのNo.1英語教材、1000時間ヒアリングマラソン

    Facebookでシェア!
    この記事をお届けした
    語学マニア.comの最新ニュース情報を、
    いいねしてチェックしよう!
    関連記事



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク




    スポンサーリンク