「いただきます」「ごちそうさま」って英語でなんて言うの?

「いただきます」「ごちそうさま」って英語でなんて言うの?

日本人はご飯を食べ始めるときに「いただきます」といい、食べ終わったら感謝の意味も込めて「ごちそうさま」といいますよね。こういう表現を英語にするときは何といえばいいのでしょうか。

そもそも英語ネイティブは「いただきます」「ごちそうさま」のようなことを言うのかどうかも含めて、考えてみました。

「いただきます」を英語で表現すると?

「いただきます」「ごちそうさま」って英語でなんて言うの?

私たちは食卓について食べ始める前に「いただきます」と言います。でも、英語文化としては、食べる前に何か言うという習慣は、基本的にはありません。

一応食卓に全員そろってから食べ始めるのがマナーという意見が多いようですが、それでも全員がそろったら、特に何も言わず黙って食べ始めるという感じです。

「召し上がれ」の英語表現

「いただきます」「ごちそうさま」って英語でなんて言うの?

例えば、誰かの家にディナーに招待された時はどうでしょうか。

このときも特に「いただきます」という決まった表現はありません。でも、たいていはテーブルに料理が並べられ、みんなが席に着くと、招待した側(料理した人)から料理の説明があることが多いです。

招待された側は料理の説明を聞きながら

That looks delicious(美味しそう)!

とか

Humm, smells good(いい匂い)!

といったりして、称賛します。

その後料理の説明が終わると、ホスト側が「Let’s eat!」と言い、それを合図にみんな食べ始める、という感じです。

また、「召し上がれ」という表現として

Let’s dig in!

と「dig in」という表現をすることもあります。「dig in」はもともと「掘る」という意味の表現ですが、こういうシーンでは食べ物を食べるという意味で使います。

ただし、この表現はとてもカジュアルな口語なので、フォーマルな場面では使いません。

その他、英語ではありませんが

Bon appetit(召し上がれ)!

というフランス語を使う人もいます。特に私が住んでいるところはフランス語と英語のバイリンガルなので、英語ネイティブもこの表現をよく使います。

厳密にいうと英語ではありませんが、このフレーズを知っている英語ネイティブも少なくないので、同じようなシーンで使っても違和感はないでしょう。

「Thank you」で「いただきます」の気持ちを表現できる

Thank you

ディナーに招待された時、日本人としては黙って食べ始めるのはなんとなく申し訳ないような気がします。そんなとき、「いただきます」の代わりに「料理を作ってくれてありがとう」「招待してくれてありがとう」とホストに声をかけるとよいでしょう。

「Thank you, (料理を作ってくれた人の名前).」だけでもいいですし、

Thank you for cooking.
Thank you for dinner.

などともいえます。ここでできるだけ料理を作ってくれた人の名前を最後に加えて言ってあげると、より英語らしく聞こえるし、相手も喜んでくれます。

「ごちそうさまでした」を英語で表現する方法

Thank you

同じように「ごちそうさまでした」も、英語に直訳することはできません。「いただきます」と同様に感謝の気持ちを伝えるとよいと思います。

あるいは、料理に対する感想として

That was delicious, thank you.
(美味しかったです。ありがとう)

といえばよいでしょう。

「いただきます」「ごちそうさまでした」という英語表現はないけれど

夕食、ディナー

「いただきます」「ごちそうさまでした」を直接英語で表現するフレーズはありません。でも、私たちは普段あまり意識していないかもしれませんが、こういう表現は食事の前や後の感謝の気持ちの表現だと思います。

ですので、その気持ちを表現すればいいのではないかな、と思います。

料理を作ってくれた人に対する感謝を相手に伝えたり、「美味しかったね」という感想を食卓のみんなとシェアすることが、「いただきます」「ごちそうさまでした」の根本的発想ではないかなと、思うのでした。

  

語学マニアの記事更新通知をメールで受け取る方法

当ブログの最近記事をメールで受信できます。 ご希望の方は以下のフォームからメールアドレスをご記入の上、送信してください。 メルマガでは、語学学習のコツなどもスポット的に配信しています。 登録無料、解除も自由に行えますので、気軽にお申し込みください。

英語カテゴリの最新記事