「いってきます」「いってらっしゃい」を英語で表現する方法

「いってきます」「いってらっしゃい」を英語で表現する方法

日本語では毎日のように使うフレーズ「いってきます」「いってらっしゃい」。これを英語にするとどうなるのでしょうか。

「いってきます」「いってらっしゃい」の英語表現について考えてみました。

「いってきます」を英語で言うとどうなる?

「いってきます」「いってらっしゃい」を英語で表現する方法

学校や仕事に出かけるときに言う「いってきます」ですが、これにぴったり当てはまる英語表現はありません。

かといって、出かけるときに何も言わず無言で出かけるわけではないので、英語でどんなことを言っているかな、と思い起こしてみると、

I am going to work.

I am leaving now.

See you later.

などなど。

特に決まっていないんですね。

日本語に訳すと「ちょっと行ってくるよ」「じゃあね」という感じになりますが、この辺が「いってきます」に相当するかと思われます。

「いってらっしゃい」の英語表現

「いってきます」「いってらっしゃい」を英語で表現する方法

それに対して出かける相手を見送る側はどう言うでしょうか。

See you later.

See you tonight.

Bye.

Have a good day.

こんな感じ。

もし相手がパーティーやイベントなどに出かけることが分かっているなら

Have fun.

といったりすることもあります。

もしくは、相手が二人の共通の知り合いに会いに出かけるときには、

Say hello to~(共通の知り合い).
(○○さんによろしくね)

と言うこともあります。

「○○さんによろしくね」といわれた方は、「Ok, I will.(わかった、よろしく言っとくよ)」と返すことができます。

「いってきます」「いってらっしゃい」の英語直訳はできないけれど

「いってきます」「いってらっしゃい」を英語で表現する方法

このように、英語では特に決まった表現があるわけではありません。ですが、毎日のコミュニケーションとして、短い挨拶のようにかわすのが一般的だと思います。

単に「Bye」というのでもかまいませんが、ちょっと「Have a nice day!」などを加えるとお互い気持ちいいかもしれませんね。

  

語学マニアの記事更新通知をメールで受け取る方法

当ブログの最近記事をメールで受信できます。 ご希望の方は以下のフォームからメールアドレスをご記入の上、送信してください。 メルマガでは、語学学習のコツなどもスポット的に配信しています。 登録無料、解除も自由に行えますので、気軽にお申し込みください。

英語カテゴリの最新記事