スポンサーリンク

英語を効率よく身につけるシャドーイングの正しいやり方

シャドーイングはとても学習効果の高い英語の勉強方法ですが、ガムシャラにやるだけでは効果を得ることができません。

シャドーイングの効果を上げる正しい勉強方法を取り入れることが大切です。英語を効率よく身につけるための、シャドーイングのコツについて紹介します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




シャドーイングとは

英語,シャドーイング,やり方

英語のみならず、外国語の習得方法として、とても有効だとされる方法がシャドーイングです。英語でシャドウ(Shadow)とは、「影」のことを意味しますが、文字通り教材の音声に少し遅れて「影」のように追従して発音する訓練方法です。

もともとは、通訳、特に同時通訳の練習方法として行われていたものが、英語学習者の間に自然と広まったものです。

通訳という専門家を目指す人たちの訓練方法ですので、その効果は大変大きなものですが、正しい方法で行わないと本来の効果が発揮されません。

シャドーイングのやり方でまず大切なのは、教材の選び方です。


効率よくシャドーイングするための教材の選び方

英語,シャドーイング,やり方

自分のレベルに合った教材を選ぶ

まずは「自分の英語レベルにあったオーディオ教材を選ぶこと」です。

普段のリスニング練習に使っている教材か、それより少し簡単なくらいのオーディオ教材を使うことをおススメします。

シャドーイングはただ英語を聞くだけのリスニングより難しいので、少し容易に感じるくらいの教材がシャドーイングの勉強にはちょうどいいくらいです。

簡単な教材で成功体験を積むことで自信をつけることもできます。

文字として読んだときに理解できるくらいの内容を繰り返しシャドーイングすることが、結果的に効率よく英語を身につけることにつながります。


自分の興味のある教材を選ぶ

また、できるだけ興味のある教材を選んだ方が効果があるといえます。その方がやる気も集中力も上がり、楽しく勉強することができます。

自分の興味のあるジャンルで、あまり長すぎない教材を探してみましょう。興味のあるジャンルといっても、あまり難しい専門用語が出てこないものの方がおすすめです。


スクリプトが手に入るものを

最近は、ネットでいくらでも英語の音声教材が手に入ります。しかし、単なるリスニングとは異なり、シャドーイングではテキストの内容を確実に理解することが前提となります。

そのため、正しい英語のスクリプト(台本)が手に入るものを選ぶようにしてください。日本語訳は必ずしも必要ではありませんが、自分でほぼ100%理解できるものである必要があります。

シャドーイングの教材選びにおすすめ!アルクの1000時間ヒアリングマラソン


シャドーイングのやり方

英語,シャドーイング,やり方

1.テキストの内容を理解する

シャドーイングを実際に行う前に、教材の内容をざっと聞いてみてください。分からないところがあれば、スクリプトを見て確認します。

大切なことは、シャドーイングを行う教材の内容をきちんと理解してからシャドーイングを行うことです。シャドーイングでは、聞こえた英語を繰り返すだけでなく、内容を理解する姿勢が大切です。

2.フレーズごとに音声を止めて発音する

内容が理解できたら、フレーズごとに音声を聞き、いったん止めて聞いた部分を繰り返して発音します。音声を止めながら行うので、ストレスなく繰り返して発音しやすいはずです。

どうしても難しい時には、スクリプトを見てもかまいませんが、なるべく見ないで耳から入ってきた英語を繰り返すようにします。

ここで、何度挑戦しても発音できない部分は正しく理解できていないということですので、自分が繰り返して躓いた箇所は改めてスクリプトを読んで確認しておきます。

慣れてくれば、だんだんと音声フレーズを長めにしていきます。センテンスごとに区切って発音できるようになれば上出来です。


3.音声を止めずにシャドーイングする

音声を止めながらのシャドーイングに慣れてきたら、今度は音声を一切止めないでシャドーイングします。「英語を聞く」という動作と、「英語を発音する」という動作を同時に行うことになります。

ここで、発音、リズム、イントネーションを意識的にマネることも勉強方法として大切です。日本語発音に引きずられないよう、ネイティブの発音やリズムをできるだけ正確に再現するようにします。


シャドーイングは「聞く」「話す」の総合能力訓練

英語,シャドーイング,やり方

シャドーイングを行うと、英語を聞き取るという能力だけでなく、英語の発音やイントネーションの練習、さらに聞いて瞬時に反応するという瞬発力の訓練にもなります。

1日10分でも20分でもよいので、繰り返し毎日行うことで、必ず英語スキルは上達するはずです。また、シャドーイングし慣れてきた教材は、電車の中など声を出さずに口パクで練習するのも効果的です(見た目にはちょっとへんですが)。

ぜひ、この記事を参考にシャドーイングで、英語力をレベルアップさせてくださいね!

Facebookでシェア!
この記事をお届けした
語学マニア.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク