【PR】50言語61か国に対応!通訳デバイスPOCKETALK(ポケトーク)
語学マニアの電子書籍発売中!

アマゾンキンドルから電子書籍を販売しています。お手持ちのデバイスにダウンロードして、気になるフレーズを持ち歩きたいという人に!

書籍紹介ページはコチラ

ブログの投稿にはアフィリエイト広告、およびアドセンス広告が含まれる場合があります。

「muck about/around」の意味と使い方:英語ネイティブの日常会話より例文で紹介

英語

イギリス人夫やその家族が日常会話でよく使うのが「muck about/around」という英語フレーズです。

その場の状況や文脈から、「だいたいこんなことを意味しているんだろうな…」と想像することは難しくないんですが、それだけにちゃんと学習していなかった英語表現なんですね。

そこで今回は、あらためて、「muck about/around」という英語フレーズについて、その意味と使い方をまとめてみました。例文を挙げて紹介します。

「muck about/around」の意味

muck about
muck around

「muck about/around」という英語表現は、主にイギリスで使われるようです。北米の方が使っているのは、私自身もあまり聞いたことがありません。

辞書を調べてみると、次のように定義されていました。

to behave in a silly way, or to treat someone or something in a careless way
(おろかなふるまいをする、不注意な扱いをすること)

https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/muck-sb-sth-about-around?q=mucking+about

もともとの意味は「めちゃめちゃにする」「汚す」「散らかす」という英単語らしいのですが、現在では基本的に上記のような意味で使われるのが一般的です。

日常会話で使われた場合、「くだらないことをする」「ムダに時間を過ごす」というふうに訳すとしっくりくることが多いです。

「muck about/around」の使い方を例文でチェック

「muck about/around」の使い方を例文を挙げて紹介します。

「muck about/around」を使った例文として、私が普段の英会話の中でもっともよく耳にするのは、こんなシンプルなフレーズです。

Don’t muck about (around)! Let’s go!
(ぐずぐすしてないで!行くよ!)

Stop mucking around (about) and do what you need to do!
(グダグダしてないで、やるべきことをやりなさい!)

このように「ぐずぐずする」「時間を浪費する」という、あまりポジティブでない意味で使われることが多いです。

He was just mucking about, he didn’t mean anything.
(彼はただふざけていただけで、何の意味もなかったんだ)

「muck around with / muck about with」の意味と使い方

「muck around with」あるいは「muck about with」という形で用いて、「何かをいじったり、こねくり回したりする」ことを意味することがあります。

He spent the afternoon mucking around with his mobile phone.
(彼は午後、携帯電話をいじくり回して過ごした)

ときには、当初の状態よりも悪くしてしまうことを指すこともあります。

Stop mucking about with the toothpaste. Brush your teeth and go to bed!
(歯磨き粉をこねくり回すのはやめて、歯磨きしてベッドへ行きなさい!)

「muck somebody about/around」の意味と使い方

「muck about/around」で人を挟み「muck somebody about/around」という形で、その人物を「悪く扱う」「ひどい扱いをする」という意味で使われることもあります。

He’s fed up with them mucking him about.
(彼は、自分をバカにする奴らにうんざりしている)

「muck about/around」はややインフォーマルなイギリス英語

「muck about/around」の意味と使い方について紹介しました。主にイギリスのカジュアルな会話で使用されます。

特に「Don’t muck about/around」や「Stop mucking about/around」という方でよく使われます。

会話の中でこんなフレーズが出てきても、すぐに意味が思い出せるくらいに覚えておきたい表現です。

メール登録でブログ更新通知をお届けします!

* indicates required
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英語
語学マニア.com

コメント