スポンサーリンク

効率的に英語スキルをアップ!英語勉強法

英語を話したい、外国人ともっと交流したいと思っている人はたくさんいます。私自身、学校の英語教育を離れてから、自分の英会話力のなさのあまり、英会話学校へ通ったり、いろいろと試行錯誤しました。

とりあえず、今はえいごで 日常会話は問題なくできるようになりました。しかし、振り返ってみると、非効率的な英語学習をしていた時期も多かったように思います。

だれでも、少ない時間と費用で、大きな学習効果を得たいと思っているはずです。ここでは、私が自分の過去を振り返って、効果的だった英語勉強法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




英語勉強法で文法と語彙力は最低限

8125551084_0e6621d511_b
photo credit: Panorama via photopin (license)

英語で意思疎通するにあたって、文法の知識と語彙力は最低限必要な要素です。文法に関しては、中学校レベルの文法でも日常会話は成り立ちます。

「文法なんて気にしなくても英語は通じる」という意見もあります。確かに、日本人は文法にとらわれすぎて、実戦の英会話のシーンで、なめらかに話せないという人が多いのも事実です。

実際、私も最初、英会話スクールに通い始めたころは、文法が気になって、スムーズに話せなかったことを覚えています。英語初心者にとっては、とにかく話すことが第一歩ですので、文法を気にせずに話すことは大切でしょう。

しかし、英会話を上達させるには文法を意識しないではいられなくなります。

私の主人はイギリス人ですが、やはり、文法がおかしいと上手く話が伝わらなかったり、私の文法の乱雑さに彼が聞いていてイライラしているのを感じます(笑)。

また、語彙力というのは、人によって必要な語彙のジャンルと単語数は異なります。しかし、英語がうまく伝わらない場合、ボキャブラリがあれば解決する問題は非常に多いです。

ただし、この場合の語彙力というのは、単に単語を知っているというのではありません。単語やフレーズを正しく覚えていて使うことができる、という意味での語彙力です。

「多く話す」と「つっこんで話す」

14133766872_95f855613c_b
photo credit: Sessão Barbearia Lusitana_0068 via photopin (license)

英語のリスニングでも「多聴」と「清聴」の組合せが必要だと言われます。私はスピーキングについても同じだと考えます。「多く話す」というのは、とにかく何人でも良いから英語を話せる人と英語を話す機会を作ることです。

私たちの学校での英語教育では、話す機会が圧倒的に不足しています。大切なことは、実際に自分の口を動かして、英語を口にすること、人に英語で何かを伝えることです。

この時に「多く話す」シーンでは、文法が多少間違っていても、通じればOK的な雰囲気でどんどん会話を広げていきます。会話のキャッチボールのスピードをあげ、会話を楽しむぐらいの気持ちで行います。

逆に「つっこんで話す」というのは、リスニングで言えば「清聴」に当たります。ここでは、なるべく正しい文法で、新しい表現を使ったり、正しく話せるようにするのがこの練習の主旨です。

英会話の相手も英語のネイティブスピーカーが望ましいでしょう。「多く話す」のは、英会話教室でもフリートーク、「つっこんで話す」のは、レッスンのメイン部分という感じです。

英語の発音練習を甘く見ない

8730598543_2f16a96178_o
photo credit: 裴德思和刘芳菲 via photopin (license)

もし、あなた英語の初心者であるなら、ぜひ正しい発音を身に付けることをおすすめします。なぜなら、発音というのは、後になればなるほど、矯正しにくくなるからです。

はじめて会話した英語ネイティブが、相手の英語に関して、上手かそうでないかの印象を受けるのは、発音です。たとえ、ボキャブラリが少なくても、すべてきれいな発音で発音できれば、「この人は英語がうまい!」という印象を持たれます。

逆にどんなに英単語を知っていても、発音が悪ければ、通じません。「この人の英語は分かりにくい」という印象を与えてしまいます。

英語の発音練習は、地味な作業です。しかし、最初の段階で、ここを頑張っておくと、後々英語スキルアップの速度に必ず効果を発揮します。

自分が学びたい英語のシーンごとに学ぶ

5456629867_0c144f1d1c_b
photo credit: Saw You All On The Muni via photopin (license)

人によって、英語を勉強する目的は様々です。

海外旅行で不自由しないくらいの英会話力が欲しい人、外資系企業で、英語でプレゼンテーションをしなくてはいけない人、外国人労働者のリーダーとして会社を運営している人、これらの人々の英語の勉強方法は異なってきます。

しかし、共通して言えるのは、自分の学びたい英語が何なのかをはっきりさせることです。自分にとって必要な英語を学ぶことが、最も効率的な英語勉強法です。

たとえば、海外旅行用の英語を学びたい人は、自分の要求や不満を使えること、許可や助け(道案内など)を求める方法を学ぶのが先決でしょう。

英語でプレゼンテーションをしたい人であれば、自分の業種のビジネス関連用語、相手に聞き取ってもらいやすい話し方を学ぶ必要があります。

英語でスタッフを教育する立場の人ならば、人を説得したり、時には感動させたり笑わせたりすることも大切かもしれません。

人が感動したり、納得したりする「ツボ」というのはその国によって異なります。たとえば、日本人が海外で日本特有の精神論でもって従業員を教育しようとしてもうまく行きません。英語で人を動かしたり、笑わせたりするには、日本語を英語に翻訳しただけでは、役に立たないのです。

そんな時には、海外のドラマの同じようなシーンを見ることが参考になります。ドラマや映画の上司と部下の会話を勉強すると、そのまま使えるフレーズなども見つかるかもしれません。

英語で話せる話題を増やす

154640125_900b749340_b
photo credit: Conversation via photopin (license)

私は、動物が苦手なので、英会話でもペットの話になると、お地蔵さんのように静かになってしまうのが常でした。しかし、英会話教室のレッスンでは黙っていた方が「損」ですよね。普段から、日本語でも英語でも、あらゆる方面にアンテナを張っておいて、自分の話せる話題を膨らませておくことも大切です。

日本語でも構わないので、ニュースを見たり、本を読んだり、自分の中の引き出しを増やすことが会話力をアップさせることになります。自分にとって新しい発見があったり、おもしろいと思えることがあったら「英語ではどう言うんだろう?」と、英語で話せるように準備しておきましょう。

Facebookでシェア!
この記事をお届けした
語学マニア.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク