中学生におすすめする英語勉強法

中学生におすすめする英語勉強法

近年は小学生から英語は必須科目になっていますね。ですが小学校の授業で行うのはゲームや歌を歌ったり、簡単なあいさつを覚えたりなど、まずは英語に慣れ親しむことが目的となっています。

英語の基礎を固める勉強はやはり中学生からというのは今でも変わりません。ではどのような勉強法が中学生には適しているのでしょうか。ほかの教科とのバランスも考えてあまり多くをやらずにすむ方法を考えてみました。

教科書をやりこむ

英語勉強法

一番基本の勉強法になります。必要なことは全部教科書に載っていますからね。指定教科書に準拠している教科書ガイドとワークブックも本屋さんで購入して一緒にやりこんでいきましょう。

授業で習った項目はその日のうちに復習してください。まず新出単語や覚えていない単語を確認してから、教科書ガイドのCDを聴きながら教科書を声に出して読んでみましょう。つっかえても発音がおかしくてもいいです。

英文の構造と、新出単語が文の中でどのように使われているかを体に覚え込ませるためです。でも音声通りの発音やイントネーションが出来なくて悔しい思いをしたなら、それをバネにして向上してください。

そして教科書ガイドを一緒に見ながら文法事項の確認。大事な部分です。しっかり時間をかけて理解を深めてください。そしてワークブックで該当部分の問題を解いて、間違えたところはしっかり見直しを。

最後にダメ押しで再びCDを使って音読して終了です。納得がいくまで何度も繰り返し読んでくださいね。

単語を覚える

他の言語と比較した英語難易度

テスト対策では上記の勉強で大丈夫ですが、将来的に英語を使って仕事をするようになるにはもう一歩踏み込んだ勉強法を実践したいものです。そうすると単語の暗記は不可欠になります。教科書に載っているもの以外の単語にも目を向けてみましょう。

やり方は人それぞれなので自分なりに模索してみるのが一番だと思いますが、素材は英検の単語集を目安にしてみるといいと思います。

まず5級から始めて中学3年になるまでには3級の単語まですべて暗記できているくらいがちょうどいいのではないでしょうか。できれば英検3級そのものに合格する実力がついたら理想的ですね。

長文にチャレンジ

辞書、外国語学習

テストでは長文読解が必ずついてきます。英文の羅列に圧倒されてしまいそうですが、怯まない胆力をつけましょう。それには多読が一番です。時間があるときは図書館に行ってラダー・シリーズをレベル1から読み漁るのはどうでしょう。

知らない単語が出てきたら辞書アプリで検索してそのまま登録。こうして単語も増やすことができますし、長文を読むことに抵抗もなくなります。教科書から離れて生の英語に触れることはいい刺激になりますよ。

基礎固めを第一に考える

英語学習、初心者

小学校を卒業して中学生になると、今までただ楽しんでやってきたことが少しレベルが上がってルールを知らなくてはならなくなります。

英文法は体系的に筋道がつけられているので、初めや途中で躓くとその後がわからないままになって置いていかれてしまう非情さがあります。もちろん追いつくことは可能なので諦めないでほしいですが。

中学生のうちに習った英語はすべて基礎であり、自分の血肉にしておくと後がラクになります。海外旅行だって中学英語で通用しますよ。苦しいこともあるかもしれませんが、そこを乗り越えると英語は人生を豊かにする道具になります。ぜひ乗り越えてください。

語学マニアの記事更新通知をメールで受け取る方法

当ブログの最近記事をメールで受信できます。 ご希望の方は以下のフォームからメールアドレスをご記入の上、送信してください。 メルマガでは、語学学習のコツなどもスポット的に配信しています。 登録無料、解除も自由に行えますので、気軽にお申し込みください。

英語カテゴリの最新記事